【お礼】1月18日(土)勉強会

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
27日の勉強会、参加者を引き続き大募集中です!!
詳細はこちらをクリックしてご覧下さい!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

18日の勉強会も、無事に終了しました。
ご参加人数こそ少なかったものの、逆にお一人当たりにかけられる時間を多く取る事ができ(特に発音勉強会)、「たいへん勉強になった」というありがたいお言葉をいただくことができました。

本日の勉強会の際に、初参加の方からいただいたアンケート結果です。

・「在」と「有」は、なんとなく使っていたので、明確な定義がわかってすっきりした。
・今までいい加減に覚えてしまっていた声調などを再確認することができました。
・いつも感覚的に使っていることを理論的に学べて良かったです。

3名の方から、上記のような感想をいただきました。
ネイティブが母国語を教えるのは難しい」「同じ日本人だからこそ、わかりやすく伝える事ができる」という、日頃私が強調していることそのものです。
日本人講師であることのメリットを体感できたようで、良かったです。


・聞き取りが難しい。うまく聞き取るコツが知りたい。
・正確な発音の仕方が知りたい。中国の友人からは発音の指摘が多いです。

発音と聞き取りは表裏一体の関係みたいな部分があります。
听力(リスニング)は多くの日本人が苦手とするところで、「何度も何度もしっかり聞き込む」これが大原則ではあります。
ただ、「ご自身の発音が上達すると听力が上がる」という現象もあります。
発音の特徴をしっかり把握できるようになり、聞く際もただ漠然と聞くだけでなく「今の発音、あの特徴があったから○○という発音なのでは」と推測がつくようになり、結果的に正確に聞けるようになるのです。
これは、私の個人レッスンの生徒さんがおっしゃっていた事です。

そして「正確な発音の仕方」は、(本日も含め)日頃勉強会で私が解説しています。ただ、理屈ではわかっても、それをすぐに体現できる訳ではありません。無意識にできるようになるまではそれなりの時間と練習が必要になります。
ただ、私の勉強会や個人レッスンでは、基礎を重視し、また効率的な発音練習ができる場を提供していますので、ご都合を合わせて積極的にご参加いただきたいと思います!

次回・27日(月)の「料理名で発音&会話練習」は19:30スタートです。
上記のアンケート結果でも書きましたが、発音は「理屈がわかれば終わり」ではなく、むしろそこからがスタートです。
同じ発音を何回も何回も繰り返し練習することによってのみ定着するものですので、11日や本日お越し下さった方にもぜひお越しいただきたいと思います。

引き続き、27日の参加者を募集中です!
詳細はこちらをクリックしてご覧下さい!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語」のチラシが完成しました!
こちらをクリックしてダウンロード!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP