【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「北方」「南方」と「東方」「西方」

「北京は中国北部に、広東省は南部にあります」
というのは普通に言われることで、
その際はそれぞれ「北方」「南方」を使って表す事が可能です。

しかーし、「东方」「西方」を同じように使うことはできないのです。
なぜかと言うと
「东方」はアジアを、「西方」は欧米を指す言葉だからです。
実際、相対的に経済発展が遅れている中国内陸部の開発プロジェクト名は
「西大开发」です。「西大开发」ではありませんね。

「北方」「南方」は国内における位置関係を、
「东方」「西方」は国際的な位置関係を示すと言うのは面白いと思います。

では「東の人」「西の人」はそれぞれ「东部人」「西部人」と言うかと言うと、
それが言わないんです。
これに相当する言葉は中国語には用意されておらず、
他の形で説明的に言うしかないようです。

ちなみに東北三省(黑龙江,吉林,辽宁)出身者のことを
「東北人」と言う事は可能です。
しかし、これについても
「东南人」「西南人」「西北人」という言い方は一般的にしません。
本当に不思議ですね~。。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP