【終了報告】「日本人が間違いやすい文法・語順勉強会」

第二回勉強会、無事に終了しました。

今回よりアンケートを採り始めました。ご意見を下さった皆さま、ありがとうございました。
質問「本日の勉強会で最も勉強になったこと」の回答をご紹介します。

●「把」構文
   →条件がいろいろあってマスターするのが難しい構文なので、
    「これが一番為になった」というご意見が最も多かったです。
●「一下」「一点儿」「一会儿」の使い分け
   →元々は話す内容ではありませんでしたが、質問が出たので簡単に説明しました。
    これも違いがわかりづいらい内容ですね。
●目的語が動詞の前に出る文
   →「把」の条件にも関連する、非常に大切なキーワードについて説明しました。
    「把」の次に「良かった」というご意見が多かった項目です。
●ラジオ以外で文法のことを聞いた事がなかったので、全てが勉強になった
●文法をしっかり学んだ事がないので、とても新鮮な話ばかりだった
●こういう文法の細かい説明をもっとしてほしい。中国人の先生だとニュアンスの説明ができないので
   →ありがとうございます。
    これこそが、普段私が強調している「日本人にしかできない仕事」だと思っています。
説明の切り口が一般の本に書いていない(たなっくオリジナル)のが良かった

というように、皆さまに満足してもらうことができました。

また、アンケートではありませんが、19日と30日の両日にご参加下さった方から
1回聞いただけではよくわからなかったが、2回聞いたらかなり理解できた
というコメントもいただきました。
1度聞いて復習し、理解しきれなかった部分をはっきりさせて2回目を聞くという方法も有効ですね。

一方、勉強会自体の内容ではないのですが
「メモできるスペースがもっとあると助かる」
というご意見もいただきました。
これについては、メモ用紙をこちらで用意するなり、告知の中でメモ帳を持参してもらう旨表記するなり
来月以降対応したいと思います。

勉強会終了後は、近くの喫茶店で中国談義に花が咲きました。

11月は発音をテーマとした勉強会を行います。
近く告知をしますので、お楽しみに!!

「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックして下さい)


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP