英語の学習方法は中国語には通用しません!!

「英語と中国語は文法が同じ」という言い方を時々耳にしますが、
一体誰が言い始めたのでしょうか?

英語と中国語、文法的な共通点は「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」だけです。
しかも中国語の場合、OがVの前に出てくることすら普通にあります。

しかし、私が「英語学習方法は中国語には通用しない」と言う理由はこれだけではありません。

1つ目の理由が「日本人には英語の基礎があるが中国語は全くの0から始める」です。
「いえいえ、私は英語なんて全然ダメダメです」
という日本人でも、英語をしゃべる人を目の前にしたら
「あい きゃんと すぴーく いんぐりっしゅ!」
くらいは言えるはずです(これすら言えない日本人はなかなかいないと思います)。
このように、最低でも中高6年間英語教育を受けていて、
しかも「外来語」という形でたくさんの英単語に日常的に触れているので、
日本人には英語の基礎があると言えるのです。

しかし中国語は全く別で、道で中国人に何か話しかけられたらお手上げです。


もう1つの理由が「英語はカタカナでもかなり通じるが中国語は通じない」です。
日本人にとって「特殊」と思える難解な発音が中国語には多く、
口の形や舌の使い方がある程度正しくできないと通じない場合が非常に多いです。
しかもこれは、日本語の読み仮名にあたる「ピンイン」に限った話で、
日本語はもちろん英語にもない概念「声調」がここに入ってきます。
口と舌、それに声調を同時に意識するのは至難の技です。


以上の理由から、英語の学習方法を中国語に当てはめるのには無理があるとたなっくは考えます。
(程度の差こそあれ)基礎ができている英語については「ネイティブレッスン」も有効かもしれませんが
基礎が全くない段階でネイティブから中国語を習うというのは非常に難しく、
「日本人から学んで基礎固めをする」というのが最適解だと思っています。
その理由はこちらをクリック!

さらに「日本人の中国語講師」を英語に絡めて考えると、
「日本人は○○という英語の知識があり、××という中国語は○○に似ているので
 きっと○○をそのまま当てはめようとしてしまうだろう」
というところまで推測が可能で、そういったミスを未然に防ぐ事が可能です。
ちなみにたなっくはTOIEC 630点を持っていて、日常英会話程度なら問題なくこなせます。
630点というのは決してハイレベルなスコアという訳ではありませんが、
英語の基礎を一通り身につけているという事は言えると思います。

「たなっく中国語レッスン」は、英語が苦手な方はもちろん、
英語が得意という方にもご満足いただけるオリジナルレッスンを提供しています。


「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックして下さい)


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP