【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「n」と「ng」の違い!!

中国語の発音は日本人にとって難しいものが多いですが、
一番難しいのは、間違いなく「n」と「ng」です。
何が難しいかって、何も注意点などを教わらずに始めから聞き分ける事は100%不可能です。
「xi」と「shi」の違いのように聞いて違いがわかれば試行錯誤のしようがありますが、
そもそも同じ音にしか聞こえないので、区別しようにもそのきっかけが無いに等しいのです。

そこで、ここではその「きっかけ」について説明します。

まず「んー」とうなってみると、鼻の奥のほうが響いているのがわかると思います。
鼻の奥が響いているこの音が後鼻音「ng」です。
次に、それを意識しつつ「あんない」と言ってみると、その響きがありません。
この、鼻の奥が響かないのが前鼻音「n」

で、日本語の「ん」が前鼻音になるか後鼻音になるかは舌の動きで決まります。
もう一度、舌の動きを意識しながら「あんない」と言ってみましょう。
舌先が、上の歯茎の裏につくのがわかりますね。
それに対して「あんがい」と言うときは、舌が微妙ですが奥に引っ込みます

上記の通り、「ん」と言う時に、
舌が前に出れば前鼻音奥に引っ込めば後鼻音になります。
論より証拠、例えば「あんがい」と言う時に、
舌先を上歯ぐきにつけながら「ん」と言ってみると(難しいかもしれませんが)、
「あんない」の「ん」を言う時と同様、鼻の奥が響きませんし、
逆に「あんない」の「ん」を舌を引っ込めて言えば(これは相当練習を積まないとできません)、
鼻の奥がちゃんと響きます。

ちなみに「前鼻音にするには舌先を上歯茎につけなければならない」という訳ではなく
舌が奥に引っ込まなければ前鼻音になります。
なので、日本語の「ん」に当たる発音の次の発音が母音である場合には
舌の動きを意識しなくても「ん」は自然に前鼻音になってくれます。
その他、日本語のな行、ら行(R、Lとも)の前の「ん」も自然に前鼻音になります。
逆に、か行、が行、は行の前の「ん」は後鼻音になりがちです。

以上の知識さえあれば、「n」と「ng」の発音練習はとりあえず1人でもできます。
ただ、最初に書いたように日本人にとって間違いなく最難関の発音なので、
焦らず、諦めず、根気良く練習を続けてください!

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP