基礎固めは「ネイティブから」ではなく「日本人から」が正解!!

内モンゴル留学から帰国し、中国語とモンゴル語の先生という仕事に就いてから数年が経つわけですが、その間にいろいろな方の勉強方法を見て来ました。
その間に感じたことを書いてみたいと思います。

主に中国語を中心に書きますが、他の外国語にあてはまる部分も多いと思いますので、ぜひご覧下さいな。

----------------------------------------------------------------------------
まず、圧倒的に感じるのが
「『中国語は中国人ネイティブから勉強しよう!』と思っている人が如何に多いか」
ということです。

それって、「本当に正しい学習法」と言えるでしょうか?

例えば、私の母語は日本語で、当然ペラペラに話せますが、これが外国人の友達に
「日本語の鼻濁音の発音について教えてもらいたいんですけど」
なんて言われたら、私はとても説明できません。

これと全く同じで、中国語を母語とする中国人は中国語の説明ができないんです。
特に中国語は、条件による語順の前後が非常に多いなど文法が複雑で(よく「英語に近い文法」なんて言われますが、実際はほんの一部に過ぎません)、どうしてそういう語順になるのか聞いても「習慣です」としか答えられません。
同様に、もし私が「日本語の『私は』と『私が』の違いを教えて」なんて聞かれても答えられません。

更に難解なのが発音です。
日本語の発音は原則「読みがな」だけですが、中国語の場合は読みがなに当たる「ピンイン」に加えて「声調」にも注意を払う必要があります。

まずピンインですが、日本語のカタカナ読みでは全く通じない発音もたくさんあり、それらは「口の形はこう、舌の形はこう、発音はこう」という風にひとつひとつ説明しないと正しく発音できるようになりません。
そして、中国語を母語とする中国人がそういう説明をするのは不可能です。
上に書いた、日本人が鼻濁音の説明ができないのと全く同じですね。

「声調」にいたっては日本語にない概念なので、より丁寧な説明が必要となることはおわかりいただけると思います。

ではネイティブから学ぶ利点がないのかと言うと、もちろんそんな事はありません。
辞書にない言い回し・俗語などについては当然ですがネイティブに一日の長があります。
あと、発音が「通じるかどうか」のチェックはネイティブにしてもらうに越したことはありません(こちらに関しては、発音が上手な日本人にチェックしてもらうことも可能です)。

以上を、私の体験談も含めて総合すると、

●学習暦が短く(数年未満。ただし留学経験者はこの限りではありません)、
 基礎固めの段階にある方は日本人から習うのが良い。
●学習暦が長く、中国語を理屈でなく感覚でわかることができている人は
 ネイティブから学ぶのが良い。

となります。

最悪なのは「基礎固めの段階にある方がネイティブ『だけ』から教わること」です。
残念ですが、これではしっかりした基礎を築くことは非常に難しいでしょう。

「独学」これも非常に厳しいです。独学で特に問題になるのは発音面です。
CDの通りに発音している「つもり」になってしまうパターンが非常に多く、いざネイティブに話してみたら通じない・・・という事になりかねません(そしてその先には「挫折」という結果が・・・)。
発音ほどではないにしても、文法面でもかなり苦しい部分があります。
中国語は基本SVO(英語に近い単語の並び)ですが、条件によってSOV(日本語に近い単語の並び)になったりするのです。それがどういう条件下で起こるのか、が非常に複雑だったりします。

最近流行の「オンラインレッスン」は、安いのは魅力ですがネイティブとの会話なので基礎固めには向きません。中級以上の方向けの「会話力キープの場」です。初級の方が、標準語がうまく話せない講師に当たってしまったら最悪です。
「会話サークル」については、普段の地道な努力の成果を試す「発表会」という意味合いで参加するのが正解です。刺激を受け、モチベーションを高める点ではたいへん有効ですが、あくまで会話を「楽しむ」のが目的であり、こちらも基礎固めの場ではありません。

中国語を本当に上達させたいなら、目先の「安さ」「イメージ」に惑わされず、わかりやすく説明をすることのできる日本人から教わって基礎固めをすることを強くお勧めします。

「便宜无好貨、好貨不便宜」
(安物に良品はなく、良品は安くない。安物買いの銭失い)

その方が、結果的に安上がりになるだけでなく、お金以上に大切な「時間」を無駄にすることもなくなります。


★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP