【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「嬉しい」は「まあまあ」???

「高兴」(うれしい)という単語の声調は一声・四声、という事はおなじみですね。
そして「第一声は高さをキープ、第四声は高い所から一気に落とす声調である」
ということも、中国語学習者ならご存知のことです。

が、実際に発音してみると声調が狂うということもよくあります。

一声・四声の組み合わせで声調がおかしくなりがちな原因としては以下の様な原因が考えられます。

それは、第四声を力強く発声すると、第四声が第一声よりも高い所から始まってしまい
第一声が相対的に低く聞こえ、結果として「第三声・第四声になってしまう」というものです。

それを防ぐのが「まあまあ」という日本語です。
前の「まあ」が第一声、後ろが第四声になっています。

なので、「高兴」を発音する時にどうしても「兴」に力が入ってしまうという方は、
まず日本語で「まあまあ」と言ってみて、その直後に「高兴」と発音する
力みが取れて自然な声調になります。

これはもちろん「高兴」に限った話ではなく、
一声・四声の組み合わせには共通する方法です!

「たなっく中国語レッスン」では、他の組み合わせについても
このような「対策」をご紹介しています。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP