【中国関連コラム】初公開!中国で働く日本人はいくらもらえるのか

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【中国関連コラム】初公開!中国で働く日本人はいくらもらえるのか
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49119

「将来、中国で働きたい!」
という気持ちで中国語を学習している方も多いと思います。
そんな方が眼を通しておきたいコラムですね。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/



スポンサーサイト

【ユーチューブde中国語】ピンインの「騙し」(2)「hu」の注意点

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【ユーチューブde中国語】ピンインの「騙し」(2)「hu」の注意点
https://www.youtube.com/watch?v=l9Y8TsopMVk

日本人が間違いやすいピンインの説明、今回は「hu」です!
このピンインは、ほとんどの場合「ふ」とは発音しないのですが、
その見た目から、無意識に「ふ」と発音してしまっている方は意外と多いです。

特に、会話ではなくテキストを通してこの発音を覚えた方は要注意です!
https://www.youtube.com/watch?v=l9Y8TsopMVk

おかげさまで今回の動画が、記念すべき第100回動画になります。
今まで私の動画をご覧くださった皆様、本当にありがとうございます!

今後も、どんどん良質な動画をUPしていきますので、応援よろしくお願いいたします。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【ワンポイント中国語】「吗」の本当に正しい使い方

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【ワンポイント中国語】「吗」の本当に正しい使い方
https://www.youtube.com/watch?v=vTVFgqwbJZw

<「疑問文の文末につける」では50点>

「吗」のちゃんとした使い方を教わったという方は実に少ないです。
実際、勉強会や個人レッスンで「吗」の使い方について質問しても
「疑問文の文末につける」
という答えが圧倒的で、もちろんこれでは解答としては不完全です。

正しい「吗」の使い方、こちらの動画でご確認下さい!!
https://www.youtube.com/watch?v=vTVFgqwbJZw

で、動画を見た後に
「では、疑問詞がある場合は『吗』は必ず出てくるな」
と理解する方が多いのです(実は動画を見た後だけでなく
「吗」の正しい使い方をご存知ない方の大半もこういう覚え方をしています)が、
疑問文でも「吗」が出てくることはあります!
例えばこんな文です。

你知道她在哪儿吗?

この文では、哪儿という疑問詞があるにもかかわらず、文末には「吗」があります。
それは、この文は表向きは「彼女がどこにいるか」ではなく
「彼女の居場所を知っているかどうか」を聞いているからで、
つまり動画でご紹介した条件を見事に満たしているのです。

「吗」って、簡単なようで、このように実はものすごく奥が深いんです。
で、その基礎の基礎となるのが動画でお話している内容なので、
まだ見てないという方は、改めて確認しておいて下さいね!
https://www.youtube.com/watch?v=vTVFgqwbJZw

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/



【ユーチューブde中国語】ピンインの「騙し」(1)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【ユーチューブde中国語】ピンインの「騙し」(1)
https://www.youtube.com/watch?v=QJpXjsvEF_E

たくさんの方が感じていることと思いますが、
ピンインは日本人の想像とは全く異なる発音をすることが、よくありますよね。

「qi」でなんで「ち」なの?とか。

という訳で、このような現象について3回にわたってご紹介!
コーナー第1回となる今回は「a」というピンインの注意点についての説明です。
https://www.youtube.com/watch?v=QJpXjsvEF_E

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【ワンポイント中国語】お勧めできない勉強「nとng」(一部)

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

<「勉強しない」という選択肢も大切!!>

前々回の【ワンポイント中国語】で
「wanとwangはほぼ同じ」
というお話をしました。

「ほぼ」と言う以上、厳密には両者の発音は違います。
ただ、この発音をし分けることは日本人にとっては
「一番」と言えるほど難しい(聞き分けるのは更に難しい)し、
しかも中国語ネイティブでも使い分けないという人は多いんです
(南に行けば行くほど、nとngの発音を混同する傾向があります)。

なので、私みたいに中国語を教える人間はともかく、
コミュニケーションツールとして使うのが目的の方(ビジネスも含む)にとっては、
マスターするのに多大な労力を必要とする割には見返りが少ないので、
私は「勉強しなくて良い」とはっきり言っています

ただ、全てのnとngの勉強をしなくて良い訳ではありません。
ianとiangは明らかに違う発音ですし、またenとengの違いも、
できるようになっておいて損はありません。

という訳で、以下の動画ではnとngについてお話しています。
https://www.youtube.com/watch?v=vmDGLom_f6Y

また「お勧めできない勉強」について、私は常々
「中国語の歌で勉強してはいけない!
と言っております。
意外に思われる方も多いかもしれませんが、その理由も合わせてご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=vmDGLom_f6Y

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


<中国語レッスン、そして・・・>

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

本日も、とある生徒さんと中国語レッスンでした。
レッスンを始めてそろそろ2年近くになるでしょうか、発音は既に抜群の安定度を誇り、
最近は文法的にもかなり難しい内容を勉強しています。

そんな生徒さん、レッスン終了後に
「今日も難しかった。
 でも、田中先生じゃなかったらとっくの昔に挫折していたと思う」
と一言。

これは嬉しかったですね。

私は子供(と言っても学生時代とかですが)の頃から
「田中の説明は上手でわかりやすい」
と言われることが多く、昔から誰かに何かを教えて、
その結果わかるようになる、できるようになるのを見るのが好きでした。

それに加えて、留学中、中国人先生がいるにもかかわらず日本人留学生のかたが、
その先生でなく私という日本人のところに質問に来るという経験を通して
「日本人にしかわからない中国語というものがあるのだ」
と気づき、いつしか中国語の講師を目指し始めました。

生徒さんの一言で、そんな事をふと思い出したのでした。

演奏家にしてもアスリートにしても
「一流のプレイヤーが一流の監督であるとは限らない」
と言います。

正直、私は中国語を「話すプロ」ではない、つまり
プレイヤーとしては一流ではないと思っています
(もちろん、ビジネスレベルのコミュニケーションも問題はありませんが)。

でも「教えるプロ」としてはそれなりに人様のお役に立てているのかなぁ、
なんてしみじみと思ったレッスンでした。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【ワンポイント中国語】「王さん」は「お茶碗」ではありません

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

【ワンポイント中国語】「王さん」は「お茶碗」ではありません
https://www.youtube.com/watch?v=j-bOZFQI6HI

私は勉強会で「日本人が注意すべき7つの声調パターン」についてお話していますが、
特にみなさんが苦労するのが、今回ご紹介する「第三声+第二声」というパターンです。

これについては様々な間違い方があるのですが、
圧倒的に多いのが「第二声+第三声」のパターンになってしまうという間違いで、
この代表的な例(?)が今回のタイトルになります。

「小王」(王さん)は第三声+第二声という声調パターンですが、
これを間違えて第二声+第三声で発音すると、
ピンインが非常に似通っている「小碗」(小さなお茶碗)に聞こえてしまうのです。

「ひょっとして私、王さんのことをずっと『お茶碗』って呼んでたかも」

という方、いらっしゃるんじゃありませんか~?(笑)

という訳で、この「第三声+第二声」にありがちな間違いのパターン、
そして正しく発音するためのコツ、について2回の動画に分けてご紹介しています。
このパターンは、相当長い学習暦をお持ちの方の中にも間違った発音が見受けられるので、
初心者、初級者の方にはもちろん、中上級者の方にも確認のために
ぜひご覧いただきたいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=j-bOZFQI6HI
https://www.youtube.com/watch?v=P8PD1N2zeCA

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


GO TOP