【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「本当に通じる発音」とは?

中国語に限らず、言語というのは自分の意思を相手に伝えるためのツールであり、
百点満点ではなくとも「通じる発音」ができれば事足ります
(もちろん百点満点であるに越したことはありませんが)。

ただ、
何をもって「通じる発音」とするか
ここは大切なポイントになってきます。

結論から言うと、

日本にいるネイティブに通じても、
それだけで「通じる発音ができている」とは限らない

という事です。

日本での滞在歴が長く、日本語のわかるネイティブは、
日本語の影響を受けた日本人特有の言い回しや日本語訛りのある発音を聞き慣れていて、
かなり「理解」してくれます。

しかし、日本語の構造がわからない、日本人と話をしたこともないというネイティブに、
そういう中国語が通じるでしょうか?

いつもネイティブと気持ち良く話ができていたのに、現地に行ったらさっぱり通じなかった、
という経験をお持ちの方はかなり多いです。

本番で通じてこそ、本当に通じる中国語
です!
みなさんの中国語、「通じる!」と胸を張って言える自信はありますか?

私の厳しい個人レッスンを受けている方は、確実に「通じる発音」ができています。


「本当に通じる発音」を学べる勉強会、5月16日に開催!
詳細はこちらをご覧下さい!

http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-368.html


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。




スポンサーサイト

【5/16開催】第67回・南京農業大学副教授の中国語勉強会

5月の勉強会のお知らせです!
 
<テーマ>
【初心者~初級者向け】基礎会話練習
 
オリジナルの教材を用いて授業を行います。
「よく使われるのに市販本ではなぜか紹介されない表現」
などの「活きた中国語文」が満載の教材です!
 
5月のテーマは「感情表現」です!
「おいしい」「嬉しい」などの伝え方について勉強します。
 
またコマの前半では、超重要であり、かつ日本人にとって鬼門と言える
声調を徹底的に解説・練習します。
声調で苦労している方にとっては必ず「目からウロコ」です!!
 
●日時:5月16日(土)19:30~21:00
 
●場所:池袋勤労福祉会館 4階 第3会議室
 (案内板:「南京農業大学副教授の中国語勉強会」)
 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/
 
●参加費:1,000円
 ※「南京農業大学副教授の中国語個人レッスン」を受講中の方は無料です!
 

●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております!


【中国関連コラム】「偽札」増加率25%超、中国経済を翻弄

中国の偽札事情についてのコラムです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20150401/279486/?n_cid=nbpnbo_mlt&rt=nocnt

日本では、偽札が発見されるとニュースになりますが、
中国では日常茶飯事で、間違ってもニュースにはなりません(笑)

ちなみに冒頭で書かれている偽札事件にそっくりな話で、
「偽人民元」ではなく「偽民国通貨」を扱った同類の事件も聴いたことがあります。
たぶん引っかからないだろうとは思いますが、
古銭が好きな方は気に留めておいても良いかもしれません。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】一声+一声=かいわれ?

第一声というのは、私流の言い方をすれば
「あー、本日は晴天なり」
の「あー」のように棒読みし、高さはずっと一定です。
第一声が二文字並ぶ場合は、両方とも同じ高さをキープすれば良いのですが、
それがなかなか難しいという方も意外と多かったりします。
 
そこで登場するのが「かいわれ」!!(笑)
 
「は~?」
という反応が大半だと思いますが、ちょっとお付き合い下さい。
 
「かいわれ」って、上がりも下がりもしない、ずっと棒読みの発音ですよね?
これが、 一声+一声という声調そのものなんです!
 
という訳で、 一声+一声がうまく発音できない場合は、
まず「かいわれ」と発音し、次に中国語の単語を発音すると
驚くくらい正しい声調で発音することができます!
 
これ、最近個人レッスンで採り入れ始めたのですが、すさまじいまでの効果を発揮しています!
一声+一声のちょっとした意識のしかた、ぜひ取り入れてください!
 
もちろんこれだけでなく、一声+四声、四声+三声など、
他の組み合わせでもこういった応用は可能で、
私のレッスンではそういったノウハウを余すところなくお伝えしています!

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【留学と私】その65「SARS(9)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


フフホト〜日本間は、直行便はありません。
北京まで45分程度の短いフライトを挟み、そこから成田へ飛びます。
 
という訳で2回飛行機に乗る訳ですが、どちらも「異常」でした。
 
まず、フフホト〜北京便。
乗客率は9割前後だったと思いますが、
CAも含め全員がマスクをつけていたんです( ̄O ̄;)
咳払いなどしようものならとたんにSARS患者扱いされんばかりの
重苦しい雰囲気が漂っていました。
 
更に異常だったのが、北京〜成田の便です。
CAの方に尋ねたところ、なんと乗客数がたったの6人!!(^ ^;)(^ ^;)(^ ^;)
最初はマスクもしていましたが、途中からバカらしく感じられ、
マスクを外して咳払いも遠慮なくしました。
シートのひじ掛けを上げて横になる人までいました。
 
長距離バスじゃありませんよ、ヒコーキですからね(笑)

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【留学と私】その64「SARS(8)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


帰国に向けて準備は進み、帰国日も刻々と迫って来ます。
毎日のように新たな感染者数と死亡者数が発表され、その度に数値が更新されて行きます。
 
帰国直前のある日、SARSに負けずに残るという留学生仲間が送別会を開いてくれました。
SARSがおさまった今だから「送別会だなんて大げさだなぁ〜」と言えますが、
患者が「有增无减」(増えることはあっても減ることはない、増える一方)だった当時は、
そう思う余裕はさすがにありませんでした。
 
ただ、これはまだいい方です。
留学生でない、つまり現地の友達には逃げる先がありません。
実家に帰ることはおろか学外に出ることすら禁止されているんです。
みんな「気をつけて帰って」と声をかけてくれたのですが、その度に、
自分一人だけ逃げ帰ろうとしていることに罪悪感を覚えたものでした。
 
「自分が残ったところでSARSの状況が好転する訳ではないし、
 いなくなったからと言って、それが原因で悪化するものでもない」
と自分に言い聞かせ、いよいよ帰国日を迎えます。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【留学と私】その63「SARS(7)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


日本にいる家族の不安があまりにも大きく、
私も一時帰国することを余儀なくされました。
 
一時帰国を決めたのが4月下旬、ちなみにその前に怪我と父の死で帰国したのが前年の12月。
つまり、半年もたたない間に2度も帰国をすることになってしまった訳です。
 
まあ今さらどうのこうの言っても仕方ありません、決めたらさっそく準備開始です。
 
まずは航空券の確保です。
幸い学外に住んでいたため、軟禁されることもなく外を自由に出歩けたので、
前回の帰国の際にチケットを買った所へ1人で行き、
確か5月4日の中華系航空会社のチケットを押さえました。
 
それが、2〜3日してチケットセンターから電話がかかってきて
搭乗者があまりにも少ないので欠航になった
とのこと。
 
その代わりに、翌日の日系の便に振り替えることになりました。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】声調記号の位置

「声調記号は母音の上につける」
ということは、おそらくみなさん経験でおわかりかと思いますが、
例えば「hao」「guai」のように母音が2つ以上ある場合は、
迷わず正確な位置につけられますか?

今回は、「声調記号の正しい位置」を解説しちゃいます!!

まず、6つの母音(aeiouü)を
第一グループ: a
第二グループ: e o
第三グループ: i u ü
の3つに分けます。

そして、声調記号を置く優先順位は
第一グループ第二グループ第三グループ
となります。つまり
aという母音があったら、成長記号は必ずaの上に来る
ということです。
例:chāi、huà、jiāなどなど

第二グループと第三グループが混在している場合は
第二グループ第三グループ
ということで、第二グループの上に声調記号が来ます。
例:hēi、zuò、lüèなど

第二グループの2つは、ピンインの中で同居することがないのに対し、
第三グループは混在があります
その場合は「後ろの母音に声調記号をつける」というルールがあります。
例:zhuī、xiùなど


★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【中国関連コラム】 中国はよくなっている!」信号待ちで思わず涙した私

中国はよくなっている!」信号待ちで思わず涙した私
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150317/278815/?n_cid=nbpnbo_mlp&rt=nocnt
 
※全文読むには会員登録が必要ですが、完全無料ですので
 これを機会に登録しておくことをお勧めします!
 
中国にまだ行ったことのない方にとってはにわかには信じられないかもしれませんが、
ほんの少し前までの中国はこのコラムみたいな感じでした。
 
私も、サービスの劇的な向上に驚いたことを覚えています。
 
2002年、留学したばかりの頃、
銀行に行くと存折(通帳)を窓口の行員にひったくられ
返してもらう時にひったくり返してやろうと思って待ち構えていたら
投げて返された(笑)という事がありました。
それが、帰国直前でありオリンピック前年だった2007年には
両手で受け取り、両手で返し、というサービスが既に根付いていました。

4月11日開催・【第66回】南京農業大学副教授の中国語勉強会
引き続き参加者を募集中です!
テーマは、
(1)【中級者~上級者向け】結果補語・可能補語
(2)【初心者~初級者向け】基礎会話練習
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-358.html


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】複数の読み方を持つ文字

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】複数の読み方を持つ文字
(以前の記事に加筆・修正しました)
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-43.html


★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



GO TOP