【留学と私】その62「SARS(6)」


【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


SARSの拡大はとどまるところを知りません。
前回書いた大根価格の暴騰もそうですが、いよいよ日常生活に深刻な影響が出始めます。
 
それまでは、大学の敷地内への出入りは自由でしたが、
この頃になると身分証の提示を求められるようになります。
 
さらには、先生以外の人はついに「出入り禁止」というところにまで発展しました。
 
これも前回書いたように、大学内に学生寮があるので、寮生は大学内に軟禁状態となりました。
この点は留学生も同じですが、
ただ外国人ならではの事情(外貨の両替、帰国のための航空券購入など)で
どうしても学外へ出ないといけない場合に限り、
大学側が用意した車に乗って「送迎付き」での外出は許されていたようです
(私は外にアパートを借りて住んでいたのでこの「サービス」は使ったことがないです)。
 
また、やはり学外に住む友人などは
「学内のコピー機がいっぱいで期限に間に合わないので、
 外のコピー屋でコピーしてきてほしい」
と見ず知らずの学生に頼まれたそうです。
 
そしてついに、私個人にも大きな転機が来ます。
先に言っときますけど、感染じゃないですよ!!(笑)

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

毎年、この季節に思うこと

今年もまた、桜の季節になりましたね。

ここ数年、この時期になるたびに
自分は、あと何回桜を見ることができるのかな?
って思うんです。

「人生1回きり」
とはよく言われるし、陳腐すぎて個人的には全く響かない表現なんですが、
人生3万日
と初めて聞いた時に、頭を思いっ切りぶん殴られたような衝撃を受けたことを覚えてます。
自分の「死」がリアルに感じられた瞬間でした。

人生80年時代、私は39歳。
ということは、間も無く「折り返し地点」を迎える訳です。
桜との再会を果たせるのも、あと40回くらい。
事故や病気になる可能性を考えたら、もっと少なくなるかもしれません。

そう考えると、21世紀のこのご時世にまだ
「正社員でない」
というだけの理由で私の事を認めない20世紀な人間がいます(しかもごく身近に)が、
「人生後悔したくない」
という思いで今自分が考え、やっている事は「間違っていない」と思えます。

もちろん、必ず結果が伴うなんていう保証はどこにもありません。
「うまく行くか」
という結果はもちろん大事です。
でも、本当に大事なのは「過程」だと思います。
理想とする自分があって、それに向かって努力することができている、
このまま頑張り続ければ、本当にうまく行ってしまうかもしれない
そう思えるだけでも、
「幸せの半分は既に実現できている」
というのが実感です。

という事を、なぜか桜の季節に特に強く考えてしまう訳なんですよ。


●感想をお待ちしております!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【留学と私】その61「SARS(5)」


「ひなた発電所」投資をギャンブルだと思っていませんか?


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


日増しに勢力を拡大していくSARS。
市民は不安を募らせていき・・・という感じはそれほどなく
(あまり悲観的にならないのは中国人の良い点だと思います)、
むしろSARS対策を一人一人で採っていくという姿をあちこちで見かけることになります。
 
それは、
「SARSに負けない健康な体作り」!!(笑)
 
内モンゴル大学では(他の大学もですが)キャンパス内に学生寮が入っていて、
みんな時間を見つけてはあちこちで羽毛球(バドミントン)に興じていました。
その人数があまりにも多く、普通に道を歩くこともままなりません。
シャトルが飛んでくるは、ラケットで頭をはたかれそうになるはで、大げさも何でもなく、
キャンパス内全体が週末の原宿竹下通り
の様相を呈していたんですwww
 
他にも、迷信・デマの類が多数出回ったようで、私が聞いただけでも2つあります。
 
生まれたばかりの赤ん坊がSARS撃退法を予言
「『大根がSARSに効く』ということで
 大根価格が10倍以上に暴騰し、
 品切れのお店が続出

 
前者はさすがに確認することはできませんでしたが(当たり前だ!)
後者は自分の目で確かめましたし、
また自炊していた友人のボヤキも聞いております(笑)

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村





【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】ピンイン表記「n」か「ng」か迷ったら(加筆)

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】ピンイン表記「n」か「ng」か迷ったら・・・
(過去記事に加筆・修正をしました)
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-42.html


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】数字の練習方法

私の個人レッスンでは、希望者を対象に数字を中国語で言う練習をしています。
私が日本語でランダムに数字を言い、それを中国語で言っていただくというものです。
 
一人で練習するときの方法として、「辞書」があります。
辞書を適当に開き、そのページ数を中国語で言う、という練習法です。
 
この方法はいろいろな方にお伝えしていますが、
今日の生徒さんは、たったの1週間で、中国語で数字を言う能力が大幅にUPしていました。
理由を聞いてみたところ
歩いているときに、電柱に書いてある電話番号を
 片っ端から中国語読みする練習をしていた
とのことです。
 
中国語の数字は、3桁~4桁の数字が言えればほぼ事足りてしまいます。
5桁の数字が出てくることは、日常生活においてはあまりありません
(私のレッスンでも、中心となるのは3桁~4桁の練習です)。
この点、電話番号なら4桁ごとに区切られているので、非常に良い練習になります。
素晴らしい練習法を、またひとつ知ることができました。
 
皆様も、ぜひお試しあれ!!

●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



卒業

今日、とある生徒さんの中国語レッスンでした。
その方は、今日を最後に私の元から「卒業」し、来週から台湾に留学します。
 
レッスンが終わった後、その方から
今まで世話になったので何かお礼がしたい
という申し出をいただきました。
 
「いえいえ、その気持ちだけで充分です」
とお断りこそしましたが、そういう申し出をいただけたという事実が
自分が今まで、その方のお役に立ってきた
ということの何よりの証であり、本当に嬉しかったです。
 
その方はたいへんな頑張り屋さんで、この1年数ヶ月の間で目覚しい上達を遂げました。
台湾で勉強すれば、これまで以上のスピードで上達することは間違いありません。
何年後か先の再会が楽しみです。


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【故事から理解する成語】说曹操,曹操就到(3)

あと、意外に気付きにくいことですが、日本語では
「曹操の話をす『れば』」
のように、前後の文をつなげる働きをする言葉が文中にありますが、
中国語においてはこの手の単語は省略されることが非常に多いです
(ちなみに、「就」に「たら、れば」の意味はありません)。

そのため、中国語を和訳する際、文の前後関係に注意しないと
訳を間違えて文のつじつまが合わなくなる、ということがあり得るので注意が必要です。
 
最後に発音、特に「cao」というピンインは、絶対に声調を間違えずに読んでください!
さもないと、とんでもない単語に聞こえてしまいます(^_^;)
あまりにもとんでもない意味なので、
パブリックな場ではとてもお話できません(あと女性にも笑)
我々外国人がその言葉を発してしまっても笑い話で済むと思いますが(それも相手によるかも・・・)。


●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【故事から理解する成語】说曹操,曹操就到(2)

「噂をすれば影」
に相当するこのことわざですが、これ自体非常によく使われるだけでなく、
文法・発音面でもかなり勉強になります。
 
まず「说」の使い方ですが、中国語がかなりのレベルに達している方でも使い方を間違えます。
「曹操に話をする」という意味で「说曹操」とする方が意外に多いですが、これは間違いで、
正しくは「曹操について話をする」です。
「说你」を誤って使ってる方、多いんじゃないですかー?
 
「あなた『に』話す」は「跟」を使い「我跟你说」としましょう!
 
次に「就」、これは完全にニュアンスを表す語のため、どう頑張っても「訳す」事は不可能です。
ここでは「積極的なニュアンスを表す」とだけお伝えしておきます。

●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【故事から理解する成語】说曹操,曹操就到(Shuo1 Cao2 Cao1, Cao2 Cao1 jiu4 dao4)

前回の「死孔明吓走活仲达」に引き続き(ずいぶん間が空いてしまいましたが)、
このことわざも三国志が出典です。
ただ、これについては物語をご紹介するまでもなく、
表面的な意味がわかれば充分理解可能です。
 
まず「曹操」とは、三国時代の初期から中盤にかけて活躍した主人公の一人で、
同じく主人公の一人である劉備(刘备 Liu2 Bei4)と時には共に戦い、
時には矛を交えたライバルです。
 
そして意味ですが、
「说曹操」で「曹操の話をする」、
「曹操就到」が「曹操が到る(来る、現れる)」ということで、
直訳すれば「曹操の話をすれば曹操が現れる」、つまり日本語の
噂をされば影がさす
に相当します。
 
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【中国関連コラム】中国の若者に広がる『知日』ブーム

中国の若者に広がる『知日』ブーム
反日でも親日でもなく村上春樹や奈良美智
http://urx.nu/i9AO
(全文読むには登録が必要ですが、無料ですので登録をお勧めします)
 
 「中国の若者は日本に好奇心いっぱいなのに、
 日本の若者は今の中国のことを知ろうとしない
 今の中国と日本は、60年代の日本とアメリカみたいな関係だ。
 知の落差が生まれることが心配だ」
 
つまり、60年代、日本人はアメリカ文化に憧れ崇拝して懸命に吸収しようとしていたが、
アメリカ人は日本をバカにしていたので、興味を持たず、フジヤマゲイシャぐらいの理解しかなかった。
だから80年代、米国は日本に追い越された。
だが、日本がジャパンアズナンバーワンと慢心している間に、
米国のスティーブ・ジョブズら若いアメリカ人が日本文化に傾倒し、日本を学び、
彼らが再びアメリカナンバーワンの座を取り戻した。 
(以上、本文より)
 
2009年、中国のGDPが日本のそれを上回り、しかもその差は開く一方です。
その原因は、こんなところにもあるのかもしれませんね。

●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



GO TOP