【留学と私】その40「服务态度(1)」

「服务」は「サービス」、「态度」は「態度」という意味です。
「店員などの客への対応のしかた」みたいな意味で捉えていただければ、と思います。
 
私が留学したばかりの2002年当時、中国でのサービスの質はそれはそれは悪いものでした(笑)
 
ちょっと話は遡り、植林ツアーで初めて中国を訪れた2001年の入国前の「事件」は今もよく覚えています。
まず北京空港で飛行機を降り入国審査ですが、ゲート前でかなり待たされたのですが
入国審査が一向に始まらない!
ようやく始まったと思いきや、審査官はこの上ないふてくされた顔で
私のパスポートを引ったくったんです!!(笑)

フツーはここで「何て態度だ!!」となるのでしょうが、その時の私は逆に、
日本では絶対にありえない余りに新鮮な体験をすることができてミョーに嬉しくなってしまったのです(笑)
ただ、1週間の滞在を経て中国の「サービス」にすっかり慣れてしまい、
帰国時の出国審査の辺りでようやく審査官の態度に怒りを感じ始めたというタイムラグっぷりww
 
話を2002年に戻しますが、この「サービスは健在」でした!!(って別に喜んでる訳じゃないッスよw)
友人の助けを借りつつ中国銀行に口座を作った時の話です。
文字通り「歴史は繰り返す」、ここでも再び「事件」遭遇してしまいました。
なんとパスポートを、受付の行員に引ったくられたのです!
2001年の入国審査の悪夢(楽しんでたクセに!!)の再来です!
 
ただ、この時は既に2回の訪中を経て多少の余裕もあったので
「パスポートを返してもらう時には引ったくり返してやる」
と指先に力を込めつつ「その時」が来るのを虎視眈々と待ち構えておりました。
 
そして「その時」が来ました。
私は、積年の怨みを晴らすことができたのでしょうか!?
次回、驚愕の結末が明らかになる!!

(いや、マジで日本人には想像もつかない結末だったんで笑)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


 
スポンサーサイト

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】直訳が必要な表現「すみません」

日本語の「すみません」は、とても使い勝手の良い表現です。
質問する時も、謝罪する時も、感謝する時も使えてしまいます。
「すみません」に始まり「すみません」に終わる、とすら言えちゃいますね。
 
であるが故に、日本語の「すみません」を中国語に訳す場合には注意が必要になります。
中国語では、状況に応じて様々な「すみません」があるからです。
 
まず思いつきやすいのが「謝罪」。
この時には「对不起」「不好意思」などを使います。
「ごめんなさい」と訳せる場合はこれ!という覚え方も良いかもしれません。
 
次に来るのが「感謝」でしょう。
この場合は「谢谢」でOKですね。
 
ちょっと複雑なのが「質問」でしょうか。
この場合の「すみません」って、他の日本語では「ちょっとお尋ねします」と訳せますよね?
で、これを中国語に直し「问一下」「请问」などとなります。
 
さらに、質問する場合の「すみません」には「お手数をおかけしますが」という気持ちがありますよね?
ここまでちゃんと伝えようとすると「麻烦你」という表現が出て来て「麻烦你、问一下」となります!
 
 
いかがでしたか?
言われてみれば簡単なことだと思われるでしょうが、この「直訳を考える」というのは、
言い方を変えれば「中国語チックな日本語表現を考える」ということであり、そのためには
そもそも中国語がわかってないとムリ!
ということがご理解いただけると思います。
 
中国語がわからないから勉強してるのに、中国語がわからないと理解できない、
でもそれをわかるようにするために勉強しているのに・・・
という無限ループに見事にハマっちゃうんです。
 
私のレッスンでは、この「無限ループから抜け出す作業」を
みっちり行っていただいてます(^_^)
初めはちょっと辛いですが、慣れてしまえば言いたいことを正確に、
かつスマートに伝えることが可能になります。表現の幅がものすごく広がりますよ!!

みなさんもぜひ採り入れてみてください\(^o^)/

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


 

【第12・13回】発音の基礎をしっかり学べる朝活中国語勉強会!

■■■■■■■■お詫びとお知らせ■■■■■■■■

体調不良でのどをやられてしまい、声が出なくなってしまいました。
申し訳ありませんが、22日の朝活勉強会はお休みとさせて下さい。

楽しみにして下さっている皆様には本当に申し訳なく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

池袋で大好評をいただいている「たなっく中国語勉強会」の朝活@茅場町バージョンです。

出勤前の1時間、しかも茅場町という非常にアクセスの良い場所で、
「中国語の勉強をしたいんだけど、なかなか都合がつかない」
という方もお気軽にご参加いただける環境が実現しました!


●10月の勉強会のテーマ:【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説

たなっくオリジナルの教材を用いて授業を行います。
文法・発音・頻出する会話フレーズを総合的に学んでいきます。

特に発音解説については、
「発音をほぼ独学でマスターした、同じ日本人講師だからこそ!」
の「かゆい所に手の届く解説」は必見です!

なお、この総合解説は毎月1回継続開催する予定で、
回を重ねるごとに内容がステップアップしていきます。
学習歴0~1年程度の方、「学習歴は長いが発音で苦労している」という方が対象です。


●日時
 10月08日(水)07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 10月22日(水)※体調不良のため、申し訳ありませんがお休みにさせてください。

 ※途中参加・途中退室も大丈夫です。
 ※会場となる「コワーキングスペースCo-Edo」のビルの開門が7時であるため、
  7時ちょっと過ぎの到着を目安にお越しください。

●場所
 コワーキングスペース茅場町Co-Edo(104-0033 中央区新川1-3-4 PAビル5F)
 http://www.coworking.tokyo.jp/

 ※東西線・日比谷線茅場町駅から徒歩2分(最寄り出口:3番出口)、
  水天宮前駅(半蔵門線)、八丁堀駅(JR京葉線・武蔵野線)、
  日本橋駅(銀座線・都営浅草線)の各駅からも徒歩圏内です。
  東京駅へも約1.5kmという好立地です!
 ※茅場町駅構内の改札を出てすぐの地図で
  『コワーキングスペース茅場町 Co-Edo』の位置が確認できます。
 ※カフェベローチェとピタットハウスの間のビルです。
  会場となるPAビルの隣に「中国語」の看板がありますが
  そちらではありませんので、ご注意ください。
 ※「たなっく中国語勉強会」以外にもいろいろな活動が開催されています。
  詳細はこちら(http://blog.coworking.tokyo.jp/
  
●定員:限定8人(先着順です!!)

●参加費(教材費込み):
 初めて参加の方:無料!!
 2回目以降の方 :500円
 ※他に、スペース利用料として500円かかります。
 ※上記web上では「勉強会利用は1,000円」と表記されていますが、
  オーナー様のご好意により、500円での開催が可能となりました!
 ※たなっくの個人レッスンを受けている方は、スペース利用料のみでご参加いただけます!


●ご質問・ご参加表明はこちらからどうぞ●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【予告】今後の勉強会は、以下の日程で開催予定です。
 ・11月12日(水) 07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 ・11月26日(水) 07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説


たくさんの方のご参加をお待ちしております!


■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「たなっく中国語レッスン」のチラシです。ダウンロード・配布はご自由にどうぞ!
こちらをクリックしてダウンロード!
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □



【第59・60回中国語勉強会】頭のモヤモヤ晴らします!超詳細な文法解説(「会」と「能」/「就」と「才」/三つの「ちょっと」)/基礎がしっかり身につく発音解説

2014年10月度の勉強会のお知らせです!
テーマは・・・
 
(1)【初級者~上級者向け】文法解説(「会」と「能」/「就」と「才」/三つの「ちょっと」)
(2)【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 
 
(1)【初級者~上級者向け】文法解説(「会」と「能」/「就」と「才」/三つの「ちょっと」)
 
ついに出たッ!!
「たなっく中国語」の十八番
超詳細、かつ初心者から上級者まで大満足の文法説明」!!
 
「会」と「能」の違いは比較的知られていますが、
「たなっく中国語」は、当然それだけでは終わらせません
どう終わらせないか?それはご参加いただいてのお楽しみ!!
 
「就」と「才」、これらは表面的な日本語訳にはほぼ表れず
ニュアンスレベルでその違いを理解するしかありません。
ここで「学習者と同じ感覚を持った日本人講師の解説」がその真価を発揮します!
 
三つの「ちょっと」、これも非常に似通った意味を持っているため
その違いをしっかり理解しておかないと使い分けが困難です。
 
今回、これらの「根本的な違い」を理解することが可能になります!
 

●お問い合わせ・ご参加表明はこちらから●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

 
(2)【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説

たなっくオリジナルの教材を用いて授業を行います。
文法・発音・頻出する会話フレーズを総合的に学んでいきます。
なお、この総合解説は毎月継続開催する予定で、
回を重ねるごとに内容がステップアップしていきます。
学習歴0~1年程度の方、「学習歴は長いが発音で苦労している」という方が対象です。


●日時
 10月 4日(土)17:30~19:00【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 10月 4日(土)19:30~21:00【初級者~上級者向け】文法解説(「会」と「能」/「就」と「才」/三つの「ちょっと」)
 10月23日(木)19:30~21:00【初級者~上級者向け】文法解説(「会」と「能」/「就」と「才」/三つの「ちょっと」)

※ご参加表明の際、何日のどのコマをご希望か明記して下さると助かります。


●場所
 池袋勤労福祉会館 5階 第六会議室(案内板:「たなっく中国語勉強会」)

 池袋勤労福祉会館(豊島区西池袋2-37-4)
 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

●定員:限定18人(先着順です!!)

●参加費(教材費込み):
 初めて参加の方:無料!!
 2回目以降の方 :1,000円

 ※たなっくの個人レッスンを受けている方は、毎回無料でご参加いただけます!


●お問い合わせ・ご参加表明はこちらから●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「たなっく中国語レッスン」のチラシです。ダウンロード・配布はご自由にどうぞ!
こちらをクリックしてダウンロード!
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □



【9月22日・開催報告】ネイティブはこう言う!「レストランで必須の表現」

本日の勉強会も無事終了!ありがとうございました!
本日ご紹介した文は市販のテキストには載っていない実践的なものがほとんどで、
ご参加された皆様に満足していただくことができました。
 
市販のテキストに載っている表現でも通じます。
ただ、ネイティブが聞きなれていないものが多いだけに、
いざ使う際には、より正確な発音が求められます。
他にも
「中国語文の構造を理解せず丸暗記していると後々応用が利かなくなる
 (勉強を始めて間もない頃は丸暗記で構いませんが)」
「『到』を安易に『まで』と訳していると大怪我をする」
などのお話もしました。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【時事中国語】光盘行动(2)

(前回の説明)
「CDアクション」と訳すことのできる「光盘行动」という単語、
実は中国の飲食事情と非常に深い関係があります。
さて、その関係とは?
 
--------------------------------
 
ここまでの説明で「なるほど!」と思えた方、あなたは相当な文法知識をお持ちです!
 
この単語の意味を理解するポイントは「光盘」にあります。
「光」はここでは「ひかり」ではなく、結果補語という文法では

空っぽ、少しも残っていない

という意味で使われます。

そして「盘」は「お皿」。
 
ここまで言えば、みなさんもうおわかりでしょう。

「光盘」は、文字通りの「CD」という意味と
空っぽのお皿→料理を全部食べる
という2つの意味を持つ「かけ言葉」になっているんです!
 
 
中国は、みなさんご存知の通り世界一の人口を抱えた国です。
で、現在は急速な経済発展につれて農業がどんどん衰退しています。
あちこちで農地を潰して工場が建てられており、
2011年には食料の純輸入国に転落しました。

しかも、これから中国は、日本では既に死語となった「飽食の時代」に突入します。
更にその背後には東南アジア・インドといった人口超大国が控えています。
世界の食糧事情は、今後タイトになっていくことが予想されます。
そして我らが日本は、今後長期的には国力が低下していき、
輸入品である食料価格も必ず上がっていきます。
 
そんな状況にある中で、中国の「打包」、「光盘」という習慣は、
我々日本人が大いに参考にすべきことなのではないでしょうか?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【時事中国語】光盘行动(1)

「中国人は面子を重んじる(讲面子)」とはよく言われますが、
この「面子」にはいびつな面もあります。

例えば、友人と食事をする際
自分が代金を全額持たないと面子が立たない
と考えることがあります。

これはまあ良いとして、
問題なのは「絶対に食べきれない量を注文する」ことです。

「同席した人が、出された料理を全部食べてしまった
   ↓
 量が足りなかった
   ↓
 同席者を満足させられなかった
   ↓
 自分の面子丸潰れ(丢面子)」

という思考が働き、極端な例だと、ただ食べきれないだけでなく
皿の底さえ見せてはいけない」なんていう考えもあるようです。
これは外食だけでなく、自分の家に友人を招待する場合も同じです。
 
ただ、この考え方は若い層を中心に変わってきていて
「食べ物は食べられる分だけ注文しよう」という考えが浸透してきています。

また、これは日本が見習うべき点だと以前から思っているのですが
打包」という習慣があります。
訳せば「テイクアウト」となるのでしょうが、ただのテイクアウトではなく、
食べ切れなかった分をお持ち帰りする」という習慣です。

私は留学時代、半年ほど貿易会社に勤めていたことがありますが、
社内の会食の際でも「打包」しているのを見かけ感心したことがあります。
 
この流れを汲む動きが、今回ご紹介する光盘行动(guang1 pan2 xing2 dong4)です。
「光盘」は「CD、ディスク(「光碟guang1 die2」とも言います」)、「行动」は「行動」。
つまり「CDアクション」とでも訳せそうな言葉ですが、これが飲食とどんな関係があるのか?
 
種明かしは次回で!

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【留学と私】その39「引っ越し(3)」

(前回までのあらすじ)
 
日本と内モンゴルでは賃貸住宅事情に大小さまざまな違いがあります。
内モンゴルでは、家でシャワーを浴びるためには「热水器」を買う必要があります。
さて「热水器」とは一体何者か?
 
--------------------------------
 
热水器re4 shui3 qi4」というのはドラム缶をスリムにしたような形をしていて、
中にお湯を溜めて電気で温めて使います。
ただ、特に冬などは温まるのが非常に遅く、
「温めながらシャワーを浴びる」という芸当は不可能です。
日本の感覚でお湯をガンガン出しているとあっという間にぬるく、
そして冷たくなってしまうので、水勢を調整したり適度に水で薄めたり、
というテクニックが必須になってきます。

reshuiqi.jpg reshuiqi2.jpg
热水器は、通常左の写真のように風呂場の天井に据え付けます。
「低い所に据え付けてしまうと、写真のように頭をぶつけてしまいます」
という「使用上の注意」」が右の写真です(うそ)
 

そして「銭湯」です。
私は留学初期は热水器を買わず銭湯通いをしていたのですが、
ここにも日本と違いが!
まず、サンダルを履いて入ります。
全身スッポンポンなのに履物だけ履いている
というのは妙な感覚ですww

つぎに、こちらは要注意事項です!
現地人は湯船に浸かる前にシャワーを浴びません!
つまり、服を脱いだら流し場には向かわず湯船に一直線!なんです。
なので先輩の日本人からは
「湯船は大腸菌でいっぱいだから浸かるな」
というアドバイスを事前にいただいており、それを守っていました。
 
なので、内モンゴルから日本に来たばかりのお友達をお持ちの方は
「向こうとはマナーが違う」
と言うことなので、怒らず優しく日本のマナーを教えてあげて下さいね(^_^)
 
と言うわけで、日本と内モンゴルの違いについて触れて来ましたが、
どれもが私には新鮮でした。
特に契約方法の違いなんて、実際に外に住もうと思わないと絶対に体験できませんもんね。
ずっと留学生寮に住んでいても何も学べない
 いつかは外にアパートを借りて、現地人の暮らしをするんだ!」
と考えていましたが、思いもよらないトラブルが原因とは言え、留学早々実現したのでした。
ここから、私のモンゴル人化の火蓋が切って落とされたのです(大げさすき!!)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【留学と私】その38「引っ越し(2)」

(前回までのあらすじ)
 
留学生寮のあまりの生活環境の悪さに引っ越しを決断。
部屋探し、契約、そして実際に生活するそれぞの段階で日本との習慣の違いを発見しました。
 
--------------------------------
 
まず、日本の場合敷金や礼金といった制度があります(最近は減って来ているみたいですが)。
一方内モンゴルではこういったものがない代わりに、半年分なり1年分なりの家賃を先払いします。
とは言っても1年分でも5万円足らずで、日本人にとっては別にどうと言った金額ではありませんが、
現地人が引っ越しをするのは大変だろうなーと思いました。
 
あと、大家さんが自分自身の銀行の通帳を借り主に預けるんです!
で、この口座から電気代・水道代などが引き落とされるので、
借り主はここにお金を入れておく、という訳です。
個人情報の扱いに過敏な現在の日本では間違ってもあり得ない話ですが、
内モンゴルは今でもこうなのかな?
 
もうひとつ「交渉次第で家具・家電を借りることができる」というのも大きな違いですね。
洋服ダンス、ソファ、テーブル、ベッド、テレビなどを、交渉によって借りることができちゃうんです。
借りることによって若干家賃が上がりますが、自腹を切って買い揃えるよりも安上がりになるので、
一生住み続ける訳ではない留学生にとっては非常にありがたい仕組みです。
 
あと「防盗門(fang2 dao4 men2、防犯扉)」がほぼ全ての家に付いています。
私が5年半住んだ経験から言うと、内モンゴルの治安は日本よりも良いです。
ただ現地人曰く
「小偷(xiao3 tou1、窃盗、コソドロ)や扒手(pa2 shou3、すり)は非常に多い」
とのことで、防盗門の他に、窓に鉄格子がついている家も珍しくありません。

fangdaomen.jpg
防盗门。
通常のドアとは別に、防犯のために備え付けるドア。鉄で頑丈にできており、
また外に向かって開くため蹴破ることができない仕組み。


防犯と言えば銀行の話になりますが、
カウンター越しにやり取りするのは同じですが、
日本と決定的に違うのが、カウンターには防弾ガラスが貼ってあり、
客と行員は小さく空いた穴に手を突っ込んで受け渡しをする点です。
こういう事を目の当たりにするたびに
「日本というのは本当に平和ボケしてるんだなー」
と思ってしまいます。

yinhang_boudan.jpg
銀行の窓口。
行員と客の間に防弾ガラスが張られており、小さな穴を通してお金や通帳の受け渡しをします。

 
あと、世界一と言っても過言でないくらい清潔に気をつける日本人にとって痛いのが
風呂は原則、どの家にもない!
ということではないでしょうか?
少なくとも「ひねれば温かいお湯が出てくる」という家は滅多になく、
銭湯に通うか、あるいは
热水器re4 shui3 qi4
と呼ばれる家電を買って家に据え付けることになります。
 
日本人には馴染みのない「热水器」とは一体ナニモノか!?
続きは次回で(^_^)

【留学と私】その37「引っ越し(1)」

という訳で部屋探しを始めました。
内モンゴル大学で日本語を専攻している四年生の友人について来てもらい、
不動産屋さんに入ります。
 
2002年当時、日本ではブロードバンドがだいぶ普及して来ていた時期だったと思いますが、
内モンゴルではまだ56Kbpsのナローバンドで、今となっては懐かしいダイヤルアップ接続
(ピ〜〜〜ガラガラガラという雑音f(^_^)と共にネットに接続する方式。
 今の若い方は知らないだろーな笑)で「ネットで検索」なんてあり得ない時代だったんです。
 
ちなみに脱線しますが、私が帰国した2007年の時点でも、
ブロードバンドが普及して来たとは言え回線速度は512Kや1M程度で、
帰国後に契約した回線の速度が73Mとか出ているのを見て、
あまりの速さに吹き出してしまったことをハッキリ覚えてます(笑)


★★★★★勉強会のお知らせ★★★★★
●9月22日(月)@池袋
19:30~21:00【初心者~中級者向け】レストランで必須の表現
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
 
●<朝活>9月24日(水)@茅場町
7:15~8:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-262.html
 
いずれも、学習経験0、または0に等しいという初心者の方もご参加いただけます。
発音の基礎をみっちり学べます!!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

本線に戻れるうちに戻っておきましょう!
部屋探しは意外とあっさり決まったように記憶しています。
場所は内モンゴル大学の東へ自転車で15分程度にある場所です。
モンゴル国領事館の近く、と言えばわかる人はある程度わかるでしょう
(数人もわからないと思いますが)。
間取りは1K(一室一厅yi4 shi3 yi4 ting1。本来「室」は第四声なのですが、
この言い方の時は第三声で言うことが多かったです。以上『ミニミニ中国語』でした)で
家賃は280元。当時の為替レートで確か4,000円くらいで、
留学生はもちろん中国人の友人からも「安い」と言われたのを覚えています。
ちなみに、最近内モンゴルから帰ってきた日本人やモンゴル人の話を基に想像すると、
現在この物件を借りるとなると1,000元は下らないと思われます。
約10年で4倍ってどんだけ〜(古いか)
 
ちなみに当然ですが、日本と内モンゴルでの賃貸アパートにはいろいろな違いがあります。
こちらについては次回ご紹介します!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語」のチラシです。どんどん配布しちゃって下さい!
こちらをクリックしてダウンロード!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


GO TOP