【留学と私】その34「モンゴル人と日本語(3)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


こう紹介していると
「モンゴル人はみんな日本語を勉強してるのか!」
と思いたくなりません?
 
実際その通りなんです(笑)
 
あくまで人づてに聞いた話なのですが、フフホトで外国語を勉強しているモンゴル人の、実に八割以上が日本語を勉強しているということなんです。
驚愕すべき学習率の高さ((((;゚Д゚)))))))←最近驚いてばっかり(^_^;)
 
となると気になるのが
「なぜ、日本語を勉強するモンゴル人がここまで多いのか?」
ですよね。
これにも、積極的にも消極的にも、ちゃんと理由があります。

まずは積極的な理由から。
 
最大の理由は、既に指摘した「日本語はモンゴル人にとって勉強しやすい言語である」ということです。
しかもそれだけでなく、
「同じアジア圏で地理的に近く、しかも経済大国である」
「日本とモンゴルは友好的な歴史を歩んできている」
ということもあります。
 
ただ、モンゴル人の間で英語が軽視されている訳では決してないんですが、それでも「日本語を選択せざるを得ない理由」もあります。
こちらが消極的な理由になります。それは
「英語を勉強しても中国人には敵わない
です。
 
中国人にとっての第一外国語は英語なり日本語なりですが、少数民族にとっては第一外国語はあくまで中国語で、英語にしても日本語にしても、彼らにとっては第二外国語になります。
 
それだけでなく、中国語の基本文型は英語と同じ「SVO」です。
実は中国語はSVO以外の、例えば日本語のようなSOV文型もたくさんあるのですが、それでも基本形であるSVOが共通しているというのは、中国語ネイティブにとっては大きなアドバンテージです。

それに対してモンゴル人が、母語であるモンゴル語とかなり構造の異なる英語を、しかも第二外国語として勉強しても「中国人には勝てない」という気持ちになってしまうのはよく理解できます。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

スポンサーサイト

【留学と私】その33「モンゴル人と日本語(2)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。
 
もっと言ってしまうと、モンゴル人とは言っても、
モンゴル国という独立した国に住んでいるモンゴル人もいれば、
中国領内モンゴルに住んでいるモンゴル人もいます。
で、モンゴル国では漢字は使われていないのですが、
内モンゴルのモンゴル人は漢字もわかります。
なので結論としては、間違いなく
「内モンゴルのモンゴル人は、世界で一番日本語の勉強に苦労しない外国人
と言えると思います。
 
内モンゴルのモンゴル人がどんなに日本語適応力があるか、
を示すエピソードはたくさんあるのですが、いくつか紹介しますね。

・私の2人目のモリンホール(馬頭琴)の先生であるナンディンさんが、
ある日私から日本語を勉強し始めた(私が日本語を教えモリンホールを習う
「相互学習(互相学习hu4 xiang1 xue2 xi2)」という形です)のですが、
私の後について文の発音をすると、勉強初日であるにもかかわらず
発音がアクセントまで含めて完璧でした((((;゚Д゚)))))))
 
・私が最初に日本語の先生をした「藍野日本語専修学院」の生徒だった
王勝文さん(中国人風の名前ですがモンゴル人です)が
「モンゴル人は外国語の勉強を難しいとは思いません
と豪語しました(日本語に限定してません((((;゚Д゚)))))))
 
・留学当時は、語学の教材はCDでなくカセットテープが主流でした。
留学したての頃にいろいろお世話をしてくれたアルナーさんのいとこである
グルルー君も、ご多聞に漏れずカセットテープのみを1年くらい聞いた
(日本人の生の日本語を聞いたことがない)程度の学習量であるにもかかわらず、
日本人同士の普通のスピードの会話が
だいたい聞き取れる」と言ってました((((;゚Д゚)))))))
 
・2004年に出会い、その後生涯の友となるジャルガルさんとも、
出会った当初は相互学習をしていました。
ジャルガルさんは、日本人が社長を務める会社で働いたことがありますが、
日本語の勉強を始めたのは大学卒業後です。
にもかかわらず、私が最高のスピードで読んだ日本語の文章を、
「勉強したことのある内容だから」と本人は謙遜してましたが、
それでも全部聞き取ってました((((;゚Д゚)))))))
 
モンゴル人・・・日本語学習については「変態」と言わざるを得ません((((;゚Д゚)))))))

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【第57・58回】たなっく中国語勉強会「レストランで必須の表現」他

2014年9月度の勉強会のお知らせです!
テーマは・・・
 
(1)【初心者~中級者向け】レストランで必須の表現
(2)【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 
 
(1)【初心者~中級者向け】レストランで必須の表現
 
「○人です」「注文お願いします」「お会計お願いします」
どこでも見られる、レストランでの会話の一こまですが、
みなさん言えますか?
さらに、中国ではお茶を、お湯を急須に注ぎ足しながら飲みますが、
お湯を入れてください」って、何ていうかわかりますか?

そんな「中国のレストランで必須となる会話表現」について勉強します。
もちろん、当勉強会の名物「超詳細な発音解説」も炸裂します!
 
 
(2)【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説

たなっくオリジナルの教材を用いて授業を行います。
文法・発音・頻出する会話フレーズを総合的に学んでいきます。
なお、この総合解説は毎月継続開催する予定で、
回を重ねるごとに内容がステップアップしていきます。
学習歴0~1年程度の方、「学習歴は長いが発音で苦労している」という方が対象です。


●日時
 9月6日 (土)17:30~19:00【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 9月6日 (土)19:30~21:00【初心者~中級者向け】レストランで必須の表現
 9月22日(月)19:30~21:00【初心者~中級者向け】レストランで必須の表現

※ご参加表明の際、何日のどのコマをご希望か明記して下さると助かります。


●場所
 池袋勤労福祉会館 5階 第六会議室(案内板:「たなっく中国語勉強会」)

 池袋勤労福祉会館(豊島区西池袋2-37-4)
 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

●定員:限定18人(先着順です!!)

●参加費(教材費込み):
 初めて参加の方:無料!!
 2回目以降の方 :1,000円

 ※たなっくの個人レッスンを受けている方は、毎回無料でご参加いただけます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お問い合わせ・参加申し込みはこちらからどうぞ!
       ↓   ↓   ↓
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【予告】今後の勉強会は、以下の日程で開催予定です。
 10月 4日(土)17:30~19:00 未定(初級者~上級者向けの内容となる予定です)
 10月 4日(土)19:30~21:00 未定(初級者~上級者向けの内容となる予定です)
 10月23日(木)19:30~21:00 未定(初級者~上級者向けの内容となる予定です)

たくさんの方のご参加をお待ちしております!


【留学と私】その32「モンゴル人と日本語(1)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


中国は日本と同じ多民族国家で、全部で56の民族が暮らしています。
内モンゴルでは、九割以上の人口がモンゴル人と漢民族(狭義の中国人)で占められています。
なので、フフホトにある日本語学校の生徒の大半もモンゴル人か中国人ということになります。
本当はこの二つの民族以外にもいろいろな方が生活しているのですが、
私が深く関わったことのあるのはモンゴル人と中国人なので、今後は主に彼らを中心にお話しして行きます。
 
で、日本語を教え始めて気づいたことがあります。
それは
モンゴル人の日本語は異常なくらい上手
ということです。
内容が複雑な難しい文を言う場合はさすがに
「日本人ならその言い回しはしないな」
という表現も出てきますが、単語の発音に関しては
「上手い」というより「日本人と同じ」とすら言えます。
ある時、日本語を2年以上勉強している中国人と学習歴1年未満のモンゴル人の日本語を
同時に聞く機会がありましたが、モンゴル人の日本語の方が圧倒的に上手でした。
 
実はこれには訳があります。
中国を中心として、その北半分、つまり
日本、韓国・朝鮮、満州(絶滅してしまった言語ですが)、モンゴル、ウイグル、チベットの諸言語は
文法と発音が非常に似ているんです!
 
最近はモンゴル人力士が相撲で大活躍しているのでお気づきの方も多いと思いますが、
外国人力士の中でモンゴル人は日本語が異常にうまくありませんか?
じつは、これにはこういう理由があったんですねー。
 
なので、学習歴2年以上の中国人も、モンゴル人以外の力士も、
当たり前ですが日本語の勉強を頑張っていない訳では決してなく、
逆にモンゴル人に圧倒的なアドバンテージがある、と言った方が正しいんです。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「n」と「ng」の発音区別(簡易版)

以前、こちら↓にて「nとngの正確な違い」についてご説明しました。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-174.html
 
ただ、上記ページでも書いているように、通常の会話(ビジネス会話も含む)で
「n」と「ng」の区別ができる必要はほぼ皆無です。
が、個人レッスンをしていてこの質問に答えている間に、
超簡単、かつ実践的な説明を思いついたので公開しちゃいます!!
 
まず「n」と「ng」は以下の3パターンに分けられます。
(「on」「ung」という発音は中国の標準語にはないので、
 「n」と「ng」の区別が問題になることはありません)
 
1.「an」と「ang」
2.「in」と「ing」
3.「en」と「eng」
 
次に、それぞれについて説明していきます。
 
1.「an」と「ang」:どちらも「あん」でOKです!
ただ「ian」「yan」は共に「いえん」という発音になります。
 
2.「in」と「ing」:どちらも「いん」でOKです!
 
3.「en」と「eng」:若干発音が異なります。
「en」は「えん」という発音で大丈夫です(hen:へん、ken:けん)。
「eng」は、「え」の口を保ったまま「おん」と発音します(heng:ほん、keng:こん)。
 
後者の発音の際の注意点としては、
「おん」という発音に引っ張られて口の形が「お」にならないこと。
「お」の口になると、違った発音(hong、kong)に聞こえてしまう恐れがあります。
終始「え」の口をキープしましょう!!微動だにさせない、くらいの気持ちで。
 
「en」と「eng」は、聞く際にも要注意の場合があります。
中国の北部では両者を比較的はっきり分けて発音しますが、
中国南部、台湾、香港などの地域では区別されることが少なく、
結果としてどちらも「えん」という発音になることが多いです。
 
「en」と「eng」については区別があいまいな方が多いですが、
これでもうバッチグー(死語)ですね!!(^_^)v

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語」のチラシです。どんどん配布しちゃって下さい!
こちらをクリックしてダウンロード!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックしてご覧下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【留学と私】その31「日本語学校(3)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


という訳で、
「藍野日本語専修学院」での日本語学校の授業が始まりました。
 
で、これを書きながら、当時学校の先生に
「私は日本語は話せるけど文法などは教えられないんですが」
と質問していたことを思い出しました。
ネイティブが母国語を正しく教えるのは無理で、
 基礎は同じ国の人から学んで身につけるべき」
とは私が常々言っていることですが、この時からこの考えを持っていたんだなーって思いました。
 
もっとも、それは当然学校の先生方もご存知のことで(みんなわかってるんですね笑)、
「日本語学校(その1)」にて書いたとおり、
私は中級の会話クラスを担当することになったのでした。
 
さて、校長先生に教室へ案内してもらい、生徒さんたちとご対面。
教室には、生徒が20人くらいはいたでしょうか。
私が「こんにちは」と言うと、生徒のみなさんから
先生こんにちは」というお返事。小学校みたいでちょっと微笑ましいですね(^_^)
 
校長先生がモンゴル語と中国語で私の紹介をした後は私が自己紹介をする番。
大勢の人に向かって話をするという体験はこの時が初めてで、
若干緊張していたことをよく覚えています。
 
肝心の授業は「みんなの日本語」という現地で使われているテキストを使いながら進めていきましたが、
相手は外国人で、 あまり難しい日本語がわかる訳でもなく「日常会話程度ならOK」というレベルです。
自分自身「先生」をやるのはこれが初めてで、また生徒の日本語レベルも考慮すると、
テキストに記載されている内容を超える授業をするのは困難でした。
教え始める前から「母国語を教えるのは難しい」とわかってはいましたが、
この体験を通して「自分は本当に日本語のことがわかっていない」と痛感したものでした。
 
ただ、幸い生徒がみな私を「先生」と呼んで慕ってくれたおかげで、
その後も授業を続けることができたのでした。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【ご報告】8月23日「英語と中国語の比較」勉強会

本日の勉強会も無事終了しました。
参加者の方からたくさんの質問をいただくこともできました。
ご参加下さったみなさま、ありがとうございましたー!!
 
以下、いただいたアンケートのご紹介です。


声調の説明がわかりやすかったです。(本日初めて中国語に触れた方)
第三声の教え方がわかりやすかったです。(学習暦2年の方)
 
ありがとうございます!
勉強会でもお話しした通り、中国語の発音は「声調」と「ピンイン」の二種類あり、8:2くらいの割合で声調の方が重要です。
しかも声調は日本語にない概念なので、変な癖がつきやすい厄介な代物でもあります。なので、説明のしかたについては特に研究をしています。


予想を超える濃い内容で、また受講したいと思いました。(学習暦2年の方)

ありがとうございます!
日本人から中国語を学んでいる、または学んだことのある方は意外と少ないのでは、と思います。
騙されたと思って一度勉強会にお越しになり「予想を超える内容」を体験されてみてはいかがでしょうか?
ぜひまたお越しください!!


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「上中下」「前今後」

「上」の反対は「下」、「前」の反対は「後」。
誰でも知っていることです。そして、これは中国語でも同じです。

もうひとつ、日本人の感覚では「時」は
水のように上から下に流れると考えられています。
実はこの点も中国語は共通しています。

で、これらの「当たり前の知識」をちょっと応用することで
いくつかの単語が覚えやすくなります
中国語の学習暦数ヶ月未満の初心者向けテクニックかな?

例えば1日を表す単語です。
正午が「午」、つまり真ん中で、それを中心に
過去(上)が「午」、未来(下)が「午」という具合です。
さらにプラスすると、やはり「午」を中心にして
1日のうちで一番「早い」時間帯が「上」、
一番「晩い(おそい)」時間帯が「上」となります。

「上」「下」は日、週、月にも応用できます。
「今の日」が「天」で、それを中心に2日「前」が「天」つまり「おととい」、
2日「後」が「天」です。
(中国語の「后」の字は、日本語の「后」と「後」の両方の意味があります)
ちなみに「昨日」「明日」は日本語と同じで「昨天」「明天」で覚えやすいですね。

次に週です。
今週は「今の週(个星期)」で、これを中心に
過去(上)が「个星期」、未来(下)が「个星期」。

同様に月も、「今月」は「この月(个月)」で、
その1ヶ月過去(上)が「个月」、未来(下)が「个月」。

最後に年。これも同じテクニックが使えます。
「今年」が中心で、
1年前は日本語と同じ「去年」、1年後は「明くる年」で「明年」。

では「年」を中心にして2年前・後は?と言えば
年」が「おととし」、「年」が「さらいねん」。

個人レッスンをしていて、初心者の方が上記の単語を覚えづらそうにしているのを見て
「『今』を軸に、その前後、つまり『時間の上流→下流への流れ』という覚え方」
を考えてみました。
これを採り入れることで
「今年の2つ前が『前年』なら、2つ後は?そう!『後年』ですね~」
というように連想がしやすくなります。

一部、日本語と意味の違う単語もあり、厄介な部分もありますが、
少しは覚えやすくなったのではないでしょうか?(^_^)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【留学と私】その30「日本語学校(2)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


さて9月に入り、いよいよ日本語学校での初授業の日です。
内モンゴル大学の東門の前を通っているバス(さすがに路線番号は覚えてません笑)に乗って約20分くらいで「内モンゴル水利学校」に着きます。
 
ちなみに、ちょっとだけ脱線して、2002年当時のフフホトのバス事情をお話しすると、
下車を運転手に知らせるブザーというものはありませんでした。
「じゃ、どうやって下りるの?」
と言えば、まず運ちゃんが「有下的没?(下りる人いますか?)」と叫びます(笑)
 
いや、本当に叫ぶんです!
何せただでさえ大声で話をする中国人、それがバスの中で大人数いれば、
中途半端な大きさではとても聞こえないので(笑)
それに対し、下りたい人は「有!(いるぞ!)」と叫び返します。
それが運ちゃんに聞こえると次のバス停でちゃんと停まってくれる、という仕組みでした。
 
さすがに「次はどこどこです」というアナウンスはありましたが、
いずれにせよ中国語がわからない外国人は最低一度は誰かに同伴してもらってバスに乗って景色を覚え、また
「しかるべきタイミングで『有下的没?』という声が聞こえたら『有』と叫ぶんだ!」
と教えてもらったりする必要があります。バスに乗るにもスキルが必要なんです(笑)
 
まあ、フツーは一度やれば覚えられますけどね(^_^)
なにせ、覚えないと終点まで下りられなくなっちゃうのでwww
 
あと、こちらはまじめな話なのですが(上記もまじめな話ですけど)、
私が留学したばかりの時は、バスの車内放送が中国語だけ、という問題がありました。
内モンゴルは、仮にも中国領とは言えモンゴル人も多数生活している地域です。
なのにモンゴル語放送がないのはおかしいと思いませんか?
 
それに、表向きは全ての中国国民が中国語の標準語「普通話」を学んでいることになっていますが、
田舎の奥深くまで入っていくと、中国語がわからないという方は、特に年配層を中心にまだまだ存在します。
そんな方がフフホトのような都市に出てきたら、コミュニケーションを取るのが非常に難しいです。
 
中国政府は、少数民族の文化や生活などを守る政策を多少は採っていますが全く追いついていないのが現状です。
以前、少数民族文化衰退の例として「漢化」の紹介をしました。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
 
フフホトでの生活が長くなるにつれ、こういった少数民族の現状が自然に目に付くようになりました。
なので、2004年前後だったと思いますが、バスの車内放送でモンゴル語が導入されたときは
「あー、良かったー!!」と思ったものでした。
 
日本語学校のするつもりだったのが、ほとんどバスの話になってしまいました、どうもすみません f(^ ^;)
次回はちゃんと授業の話しをしますので!!
 
する、はず・・・

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/

【第9回・朝活】発音の基礎がマスターできる!「たなっく中国語勉強会」

池袋で大好評をいただいている「たなっく中国語勉強会」の朝活@茅場町バージョンです。
出勤前の1時間、しかも茅場町という非常にアクセスの良い場所で、
「中国語の勉強をしたいんだけど、なかなか都合がつかない」
という方もお気軽にご参加いただける環境が実現しました!


●8月27日の勉強会のテーマ:【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説

たなっくオリジナルの教材を用いて授業を行います。
文法・発音・頻出する会話フレーズを総合的に学んでいきます。
なお、この総合解説は毎月1回継続開催する予定で、
回を重ねるごとに内容がステップアップしていきます。
学習歴0~1年程度の方、「学習歴は長いが発音で苦労している」という方が対象です。


●日時
 8月27日(水)07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 ※途中参加・途中退室も大丈夫です。
 ※会場となる「コワーキングスペースCo-Edo」のビルの開門が7時であるため、
  7時ちょっと過ぎの到着を目安にお越しください。

●場所
 コワーキングスペース茅場町Co-Edo(104-0033 中央区新川1-3-4 PAビル5F)
 http://www.coworking.tokyo.jp/

 ※東西線・日比谷線茅場町駅から徒歩2分(最寄り出口:3番出口)、
  水天宮前駅(半蔵門線)、八丁堀駅(JR京葉線・武蔵野線)、
  日本橋駅(銀座線・都営浅草線)の各駅からも徒歩圏内です。
  東京駅へも約1.5kmという好立地です!
 ※茅場町駅構内の改札を出てすぐの地図で
  『コワーキングスペース茅場町 Co-Edo』の位置が確認できます。
 ※カフェベローチェとピタットハウスの間のビルです。
  会場となるPAビルの隣に「中国語」の看板がありますが
  そちらではありませんので、ご注意ください。
 ※「たなっく中国語勉強会」以外にもいろいろな活動が開催されています。
  詳細はこちら(http://blog.coworking.tokyo.jp/)
  
●定員:限定8人(先着順です!!)

●参加費(教材費込み):
 初めて参加の方:無料!!
 2回目以降の方 :500円
 ※他に、スペース利用料として500円かかります。
 ※上記web上では「勉強会利用は1,000円」と表記されていますが、
  オーナー様のご好意により、500円での開催が可能となりました!
 ※たなっくの個人レッスンを受けている方は、スペース利用料のみでご参加いただけます!


【予告】今後の勉強会は、以下の日程で開催予定です。
 ・9月10日(水) 07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
 ・9月24日(水) 07:15~08:15【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説


たくさんの方のご参加をお待ちしております!


23日開催の勉強会@池袋も合わせて参加者を募集中です。
テーマは

●【初心者~初級者向け】発音・会話・文法総合解説
●【初心者~上級者向け】英語と中国語の比較
 
「総合解説」では、大半の日本人が苦手とする発音の基礎を徹底的に学びます。
「英中比較」では、中国語を学ぶ際に日本人(「英語はできない」という方も含め)が
如何に英語の影響を受けているか、その影響を如何に回避するか、の説明をします。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-231.html


GO TOP