【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「n」と「ng」の違い!!

中国語の発音の中で、聞き分け・発音ともに日本人にとって最も難しいのは間違いなく「n」と「ng」の区別です。

が、たなっくは勉強会でも個人レッスンでも、この練習はしていません
(「どうしてもやりたい」というご要望がある場合のみやります)。
なぜなら「区別できなくても会話に全く支障がないから」です。
実際、南方の中国人は両者を区別していません。

が、意外と質問を受けることでもあるので、今回はあえて説明しようと思います。

まず違いです。
日本語で「んー」とうなってみると、鼻の奥が響いているのがわかると思います。
これが「ng」の音です。

次に、日本語で「あんがい」と言ってみると、「ん」の部分で上記と同じく鼻の奥が響いているのがわかると思います。

では、同じく日本語で「あんない」と言ってみてください。
響きがないのがわかるでしょうか?
この、響きがない音が「n」の音です。

舌の動きで説明すると、「ん」と言うときに舌が前に出てくる(または上の歯茎につく)と「n」になりやすく、
逆に舌が口の奥に引っ込むと「ng」の音になります。
実際、「あんない」の「ん」は舌が歯ぐきについているのに対し、
「あんがい」の「ん」は奥の方に引っ込んだままです。

基本的な説明は以上です。あとは頑張って練習してください!
で終わるとちょっと厳しいので、もう少しだけ。

「ん」の次の文字が母音、「な」行、「や」行、「ら」行(R、Lとも)の場合、
その「ん」は「n」になりやすくなります(例:けんあく、あんない、かんよ、かんらく等)。
中国語の単語で言うと「平安」(ping an)はあえてかなで書くと「ぴんあん」になります。
「ん」の次の文字は母音なので、何も意識せず「ぴんあん」と読むと
実際の発音は「pin an」になります。

逆に「ん」の次の文字が「か」行、「が」行、「は」行の場合、
「ん」は「ng」になりやすいです(えんか、あんがい、すきんへっど等)。
中国語だと、「宾馆」(bin guan)はカナで書くと「びんぐあん」となり、
「ん」の次の文字は「ぐ」なので、意識せず「びんぐあん」と読むと
実際の発音は「bing guan」となります。

が、最初に書いたとおり、区別できなくても会話に支障を来たすことはありません。

ちなみに、たなっくの中国語の発音はほぼ独学です。
この「n」と「ng」ももちろんそうですが、これは本当に苦労しました。
暇さえあればひたすら「あん」「あん」とつぶやいていたのを覚えています(本当の話です)。
結果、1年くらい「あん」「あん」言い続けてようやくわかってきました。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


スポンサーサイト

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】これが正しい「辞書の選び方」

中国語を勉強する際、当然のことながら辞書は必須のツールです。
ただ日中・中日含め数多くの種類の辞書がありますが、その中で辞書を選ぶ基準としてどんな事があるでしょうか?

値段、大きさ、単語量、編集者・・・当然ながら様々な視点があります。

もちろん全て大切な要素です。
が、上記とは別に、辞書選びの際に「これだけは絶対に外して欲しくない!」という項目があります。

それは、「編集者が日本人か、それとも中国人か」ということです。
もっと詳しく言うと
日中辞典は中国人が編集した物を、中日辞典は日本人が編集した物を選ぶべき
と私は提案しています。なぜか?

突然ですが、ちょっと質問です。
日本語を中国語に訳す場合と中国語を日本語に訳す場合、どちらが楽ですか?
または、どちらの方が正確に訳せるでしょうか?

考えるまでも無いですね。
日本人であれば「中国語を日本語に」の方が正確です。

そして、これは我々のような学習者だけでなく、研究者にとっても同じことです。
なので、、
「日中辞典は中国人が編集した物を、中日辞典は日本人が編集した物を!」
を辞書選びの大前提としていただきたいと思います。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



GO TOP