【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「補語」超入門!

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


中国語の補語は英語のそれとは使い方が全く違い、また非常に複雑です。
ワンポイントでマスターするのは不可能なので、ここではごく大雑把に紹介するにとどめます。

補語とは「述語(≒動詞・形容詞)の後ろに置き、述語の補足説明をする
これは、全ての補語に共通です。

以下、違いを見ていきます。
なおここでは「述語=動詞」として説明します。

●結果補語:述語の直後に置き、動作の結果どうなったか、を示す。
 ・吃了。(食べるという動作の結果、その動作が完了した。食べ終わった)。
   ※ダイエット中などの理由で、お腹いっぱいでなくても食べ終わることはあります。
    そういう意味で、下の文とは意味が若干異なります。
 ・吃了。(食べるという動作の結果、お腹いっぱいになった)

●様態補語:「述語+得」という形を取り、「得」の後ろで動作がどうであるか説明する。
  ※程度補語として扱う参考書もあるようです。
  ・说得很好。(「说」という動作が「很好」である。話すのが上手だ)

●数量補語:「どのくらい」であるか、具体的な数量で表す。
 ・我看了两个小时电视。(私はテレビを2時間見た)。

●可能補語:「述語+得(または「不」)」という形を取り、
  動作の結果、補語の状態を実現できるかどうか「得(不)」の後ろで示す。
  ・看得。(「看」という動作の結果「懂」という状態を実現する事ができる。見てわかることができる)
  ・做不。(「做」という動作の結果「完」という状態が実現できない。し終わらない)

●程度補語:述語が示す動作がどの程度であるか示す。
  ※様態補語の一部として扱う参考書もあるようです。
   ・笑了。(「笑う」動作の程度が「死ぬほど」である。死ぬほど面白い)

●方向補語:動作の結果、目的語がどのように移動したか示す。
  A.目的語が具体的な場所である場合は、必ず「動詞+目的語+補語」の順になる。
   ・进教室。(教室に入っていく)
  B.目的語が具体的な場所でない場合は、目的語は動詞の直後でも文末でも良い。
   ・没买西瓜。 / 没买西瓜。(スイカを買って来なかった)

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


スポンサーサイト

【モンゴル語】外来語について

日本語の中にたくさんの外来語があるのと同様、モンゴル語にも外来語はたくさん存在します。

が、ロシア(ソ連)の影響を強く受けていた(今も受け続けている?)
モンゴル国ではロシア語由来の外来語が多いのに対し、
現在は中国領である内モンゴルのモンゴル語には中国語由来の外来語が多く
モンゴル人同士でさえ「何のことを言っているのかわからない」という状況が発生しえます。

例えば「バス」はモンゴル国では「автобус」ですが
内モンゴルでは「公共の車」という意味の中国語をモンゴル語に訳し「neite in masin(表記)」となります。

外来語だけでなく通常の会話にも影響が見られます。
「~したことがあります」という表現は、中国語では「过(過)」を使って表しますが、
内モンゴルのモンゴル語はこれの影響を受けて「~jx(ju、chx、chu) onggeregsen(表記)」といいます(表記ルールはこちら)。

という訳で、内モンゴルのモンゴル語を本当に理解するためには、中国語も知ることが必須となります。

もちろん「たなっくモンゴル語」はその点も解説しながら授業を進めていくので、必ず中国語も学ばないといけない訳ではありませんのでご安心を!

大切なのは「素材」ではなく「調理法」

「中国語を効率的に学びたいんですが、お勧めの本はありますか?」
というお問い合わせをよく受けます。

それに対する私の回答は一貫して
「どれも大差ない。大切なのは本でなく教える人間
です。

料理にたとえてみましょう。
素材の質が良くなくても、上手に調理しておいしい料理に仕上げるのが優秀な料理人だと思います。
逆に、調理法が良くないためにせっかくの新鮮なネタが台無しになる、ということもあり得ます。

教材の良し悪しに関係なく、必要な説明を加えて良いレッスンを作り上げる。
こういう事が可能な講師を選ぶ事が、中国語の上達のために最も大切な条件になります。
逆に
1.質問に対し、回答が「それは習慣です」の一点張りでわかりやすく説明できない
2.大人数によるグループレッスンのせいで、生徒1人1人に配慮が行き届かない
3.カリキュラム通りの進行を重視するあまり生徒の理解度を考慮に入れない
など教える側に問題があれば、たとえ素晴らしい教材を使っても意味が半減してしまいます。

という訳で、「おいしい料理」を作るためには
日本人講師による個人(または少人数)レッスン
が最適となります。
上記3つの問題のうち、
1.はネイティブ講師に非常に多い例です。
 この点、日本人講師であれば大抵のことはしっかりとした説明が出来ます。
2.については個人、または少人数制を採ることで解決可能です。
3.も、生徒1人1人の希望に合わせた授業をすることで、着実な進歩を見込むことが出来ます。

「たなっく中国語」は、
日本人講師」が「個人または少人数制」で「生徒のレベル・希望に合わせた柔軟な授業」をしています。

「たなっく中国語レッスン」詳細
(こちらをクリックして下さい)


もちろん
「味の好みは人それぞれ。たなっくのレッスンを誰でも『おいしい』と思うとは限らない」
というのも事実です。
なので、毎月2回(平日と休日に1回ずつ)無料の勉強会という「味見」をしていただいています。
そこで試食をしていただき、
「おいしい!
 たなっくの『料理』をもっと味わいたい」
と思われた方には、喜んで様々な「料理」を提供いたします。

「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックして下さい)


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】難しいピンインは分解して練習しましょう!

「私たちが覚えている最小の発音単位・ピンインをさらに分解する」。
意外と思いつかない練習方法ではないでしょうか?

例えば「海」という文字のピンインは「hai」。
これを「ha」と「i」に分ける、という発想です。

ただ「海」はカタカナ発音でも通じてしまうので分解する必要はありません。
日本語にない発音(日本人にとって難しい発音)の練習の際に、このテクニックは威力を発揮します。
が、上記の例のように「単純に2つに分ける」ではうまく行かない例が大半です。

例えば「茶」のピンイン「cha」は、分解すると「chi + a」となり「i」が現れます
それを理解した上で、基本的な反り舌発音「chi」から「a」につなげます。

多段階にわたる分解例もあります。
「肉」(rou)は
1.rou -> re + u(roでなくてre
2.re -> ri + e(iが出てくる)
結果:rou -> ri + e + u

分解することでどんな隠れ母音が出てきたり、母音がどう変化するかは経験を積まないとわかりませんが、
それでも意識してみるのも手段のひとつだと思います。

もちろん私のレッスンでは、上記の方法を頻繁にご紹介しています!

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【ご報告】24日開催・初心者向け「トラベル中国語講座」

「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックして下さい)



24日の勉強会、予想を遥かに上回る盛り上がりぶりでした。

ドタ参の方が多く(ありがとうございます!)、
しかも「初心者対象」という私の想定とは裏腹に、
ネイティブレベルの日本人杭州に留学していて一時帰国中の方新HSK5級合格者などそうそうたるメンバーが揃い、またそれらの方からも質問をたくさんいただきました。

また、勉強会の内容は予定通り初心者向け会話でしたが、
それでも上記の「つわもの」の皆さんも満足してくださいました。
改めて「中国語の発音は難しいんだな」と思わされ、基礎固めのお手伝いをする者としての責任の重さを痛感した勉強会でした。


「たなっく中国語レッスン」ご紹介
(こちらをクリックして下さい)


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】感情のおもむくままに・・・

「感情のおもむくままに」
一見、なんか中国語と何の関係もなさそうなお題ですが(笑)

文末に置いて語気を表す単語はいろいろあり、これらの発音は原則軽声です。
が、必ずお約束通り軽声で読まないといけない訳ではありません。

是吗?:「そうなの~???」と疑う気持ちを出したい場合は「吗」を第三声で読みます。

好吧?:「いいでしょ~」とダダをこねるような場合は「吧」を第四声で読みます。

あと軽声ではありませんが、

你好:「好」は本来第三声ですが、嬉しい気持ちなどを表したい場合には元気よく第二声で読みます。

上記はもちろん一例であり「こうしないといけない」という訳ではもちろんなく、
その場その場の感情に、ある程度ですが忠実に従う事で、感情をより表現しやすくなります。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】ピンインにだまされるな!

日本語の読み仮名にあたるものに、中国語では「拼音(ピンイン)」がありますが、
このピンインと発音は1対1で対応している訳ではありません。

例えば「a」は「あ」という発音ですが、常に「あ」と発音する訳ではなく、
「xian」は「しあん」ではなく「しえん」となります。
「a」が「あ」でなく「え」になります

更に、日本人を苦しませる「e」もいろいろな発音があります。
通常は「え」の口をしながら「うー」という感じの音を出すあの発音ですが
「xie」の「e」は明確な「え」の発音になります。
更に「二」はピンインは「er」ですが、こちらは「あ」に変化します。
更にやっかいなことに、同じピンイン「er」でも「あ」に変化するのは「二」だけで、通常はいわゆる「e」の発音のままです(例えば「儿」など)。

他にも「hua」というピンインで「ふあ」ではなく「ほあ」だったり、
日本人からすると
「何でその発音なのに、そういうピンインふるわけ?」
という現象は多くあり、しかも意外と気付きにくかったりもするので、
こういう点までしっかり指摘してくれる人のいる環境があるのがベストですね。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


【モンゴル語】母音の発音方法

ご存知の通り、モンゴル語の母音は7つあり、日本語にない発音もあります。
日本語のカタカナのままでもかなり通じますが、せっかくなので正しい発音法も覚えておきましょう!

※今後当ブログでは、たて文字の母音を以下の表記で統一します。
a:第一母音
e:第二母音
i:第三母音
v:第四母音
x:第五母音
o:第六母音
u:第七母音

а(内モンゴルのa):日本語の「あ」。
Э(内モンゴルのe):モンゴル国では「え」
            内モンゴルでは、「え」の口をしながら「う」
という感覚。中国語の「e」。
И(内モンゴルのi):日本語の「い」。
о(内モンゴルのv):小指が入る程度に口を丸く開き「お」。(※1)
у(内モンゴルのx):おちょぼ口の「お」。
ө(内モンゴルのo):喉を使っておちょぼ口の「お」。(※2)
ү(内モンゴルのu):喉を使っておちょぼ口の「う」。(※2)

(※1) 口は意外に開きません。鏡で確認しましょう。
(※2) 「喉を使う」が正しくできていると、喉仏が下がります
   喉に手を当てながら練習しましょう!

【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】中国語と英語の文法は本当に似ている?

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

題名の件、「No」のパターンの方が圧倒的に多いです。

SVOが基本なのは共通ですが、やや乱暴な言い方をすれば
共通点はこれだけ」と言っても良いくらいです(条件次第では、これすら変わってきます)。

例えばSVO以外の成分。
英語は大半が文末に来ますが、中国語の場合は主語と動詞の間が多いです。

I go to school with you.
跟你去学校。

I study Chinese in China.
在中国学汉语。

他にも、
・英語は動詞のみ述語になれるが、中国語では形容詞も述語になる
・中国語は条件によっては「把」を使うなどしてSOV(日本語に近い並び)になる(英語はない)
・主語が動詞の後に来る事もある
などなどの相違点があり、英語ができる方にとっては逆に要注意!な点がたくさんあります。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【南京農業大学副教授のワンポイント中国語】「不」の位置による意味の違い

否定を表す単語「不」は動詞の前に置くのが基本ですが、
動詞の直後に置く例も非常に多く見られます。

そして当然ですが、動詞の前に置くか後ろに置くかで意味が変わってきます。
大雑把に違いを言うと、

動詞の前に置く場合は「~しない」という意志・態度などを示す
動詞の直後だと、意志とは関係なく「~できない」という意味になる

不进去:(意図的に)入らない
进不去:(鍵がかかっているなどの理由で、入ろうと思っても)入れない

上記の通り
「不买」で「買わない」という意味になる一方、
「买不起」「买不到」「买不上」などはいずれも「買えない」という意味ですが、
では「買えない」の使い分けはできますか?

個人レッスンでは、こういった詳細まで余すところなくお伝えしています。
興味のある方はぜひこちら ↓ ↓ ↓ よりご連絡ください。お待ちしております!
●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。


GO TOP