【ユーチューブde中国語】中国語版「ら抜き言葉」

日本語の「ら抜き言葉」は、正しくはありませんがよく使われている表現ですね。
このような現象は、もちろん中国語にもあります!

という訳で、中国語版「ら抜き言葉」についてご紹介!

「え?正しい発音じゃなかったの!?」
という単語、きっとあると思いますよ~!!
https://www.youtube.com/watch?v=aVFI4obv3PI

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



スポンサーサイト

<内モンゴルだより>コンビニ戦国時代

約8年ぶりの訪問となった内モンゴル・フフホト。
いろいろびっくりさせられましたが、コンビニが非常に多かったことも大きな驚きの1つです。
現地の友人曰く
「今年に入り、雨後の筍のように猛烈な勢いで増えてきた」
そうです。

どのお店か忘れましたが、日本のお菓子もいっぱい。
ポッキー

「便利店」が「コンビニ」の意味です。
huifeng

「1閉火」?(happy-fire)。あまりハッピーな名前ではない気が(笑)
happyfire

「联华」は留学時代から存在していたスーパーです(コンビニではありません)
lianhua

「利客」(lecoo)これを1番よく見かけた気がします。
lecoo

「田小米」。「小米」というのは最近急成長を遂げているスマホメーカー。それにあやかっている名前か?
tian

水の種類も多かったです。
ちなみに留学時代(8年前)は1本1元以下の物もありましたが、インフレが進んだ今は最低2元くらいでした。
waters

注意:ファミマではありません(笑)
famima

「十全十美」(完全無欠な、申し分ない)ということわざと発音が全く同じ「食全食美」。
店内の確認はできませんでしたが、スーパーかな?
shiquan


★★★「ユーチューブde中国語」はじめました!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


<内モンゴルだより>内モンゴルの日本食屋

私が内モンゴルに留学していた時期(2002年~2007年)は、
私の知る限りでは日本食屋はフフホト(内モンゴル最大の都市)にあった
「千代川」以外知りません。
(2004年前後に、日本人が開いたお店もありましたが、1年前後で閉店してしまいました)

当時と比べると、当然のことですが日本食屋も増えました。


情熱居酒屋・串焼料理
「居酒屋」がお店の名前になってます。笑
1居酒屋


山木料理。
この写真のみ、フフホトでなく西の「オルドス」という街のものです。
2山木料理


ちびまる子ちゃん」!!(笑)
日本ではもちろん中国でも大人気のアニメから名前を取ったであろうこのお店、
実は私が帰国するのとほぼ同時期にオープンしたようです。
当時はオーナーが日本人で「とんかつなども日本で食べるのと大差なかった」とのことですが、
現在オーナーは日本人ではないとのこと。
3小丸子


「六本木」。これもオープンして数年経つようです。
4六本木


味千ラーメンもついに内モンゴルに進出!!
中国では大人気のラーメンチェーンですが、看板にモンゴル文字が!!
さすがに、これは内モンゴルでしかお目にかかれません。
5味千


「味千ラーメン」のモンゴル語表記。
読めるようになりたい方はレッスンしますのでご連絡ください
(笑。でも本当に教えます
6味千2


実は、この「丸熊ラーメン」は留学時代から存在していた日本食屋です。
留学したての頃に1度だけ食べましたが、見た目も味もとてもラーメンとは言えない代物で、
当時の日本人留学生の間では通称「まずくまラーメン」(笑)

まさか生き延びていたとは!!
7丸熊


★★★「ユーチューブde中国語」はじめました!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)



<内モンゴルだより>フフホトのカフェ事情

私が留学していた2002年から2007年まで、まともなカフェは「上島珈琲」しかありませんでした
(ちなみに写真でも説明しますが、日本の上島珈琲とは別物です笑)。

パン屋さんに併設の喫茶コーナーや肯徳基(ケンタッキー)もありましたが、
インスタントだったり、はじめから砂糖ミルク入りだったり、という有様で、
コーヒーはとてもじゃないけど市民権を獲得した飲み物ではありませんでした。

今回フフホトを訪問して、カフェが増えているのが印象的でした。
時間の関係で入店できなかったのが残念ですが。


201508letian.jpg

今回のフフホト訪問で初お目見えのカフェ。



201508mingdian.jpg

こちらも初お目見え。
ちなみに、このお店を街中で1番よく見かけた気がします。



201508UBC.jpg

上島珈琲(この写真だけ北京空港内のものです)。
唯一、私の留学時代からあったまともな喫茶店ですが、実は日本の上島ではなく、なんと台湾資本です(笑)
このせいで、日本の上島コーヒーは自らのブランド名でチェーン展開することができなくなってしまいました。
ちなみに「UCC」でなく「UBC」であることにお気づきですか?笑



201508yilin1.jpg

2002年の留学時から存在していた、パン屋兼喫茶コーナー。
「意林」と書いて中国語読みも日本語とほぼ同じ「いーりん」ですが、英語表記はなぜか「eanin」(笑)



201508yilin2.jpg

内モンゴル大学から1番近い店舗で、留学時代、もっともよく使っていた意林。



201508yilin3.jpg

大学から1番近い意林を正面から。
今は緑基調ですが、以前は黄色と緑だったんですよね~


★★★「ユーチューブde中国語」はじめました!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



<内モンゴルだより>フフホトの立体交差

<内モンゴルだより>フフホトの立体交差
https://www.youtube.com/watch?v=LlWq1yuNCA4

私が留学していた約10年前、フフホト市内に立体交差はこの1つしかありませんでした。
それが、現在はなんと二環、三環(環状2号線、3号線。東京の環七や環八みたいなもの)
という陸橋がフフホト郊外に通っています。

なお10年前の写真(最初の5秒間)を見ていただくとわかるとおり、
中央左側の「草原明珠」というホテル(青い建物)は当時特に高かったのですが、
ビデオをご覧頂くと、現在は決して特別高い建物ではなくなっていることがわかります。

また立体交差付近に限らないのですが、10年前と違い現在は街路樹が非常に増えました。

こちら↓は、立体交差をより近くから撮ったビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=nayA0qDGa3k(おまけ)


★★★「ユーチューブde中国語」はじめました!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


GO TOP