【留学と私】春節

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村


2017年1月28日は、みなさんご存知の「春节」(旧正月)です。
今回は、留学中に過ごした春節の様子について振り返ってみようと思います。

旧正月といえば、まずは「春节晚会」。よく
紅白歌合戦と行く年来る年を
足して2で割ったような番組

と形容される(笑)この番組、家族で見ながら新年を迎えるというのが一般的です。

ただ、最近は中国もものすごい変化をしているし、
特にネットの発達は目覚しいものがあるので、
この番組を見る人も減っているかもしれませんね。

そして、もうひとつの風物詩と言えるのが爆竹(中国語では「鞭炮」)!
もちろん、うるさいです(笑)
「でも一年で最もおめでたい日だし、まあいいか~」
と思いたいんですが、実はうるさい理由が爆竹だけではないんです。

他の理由とは・・・「車の防犯システム」!

中国の乗用車には盗難防止のシステムが備え付けられているのですが、
これがまた過敏なことこの上なく
車の近くで少しでも音を出そうものならピヨピヨ鳴き出すという代物でした。

ちょっとした些細な音にも反応するのだから、爆竹のような大きな鳴ろうものなら、
そこらじゅうの車という車がいっせいにピヨピヨと鳴き出すんです。
そのうるささと来たら「可想而知(推して知るべし)」でしょう(笑)

このシステム、最近は少しでも「鈍感」になったのかな・・・
----------------------------------------
ところで爆竹といえば、こんなニュースもありますね。
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-82512/

確か10年以上前、胡錦濤前国家主席の時代にも禁止令が出た記憶があるのですが、
そう言えばあれはどこへ行ってしまったんでしょう(笑)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/



スポンサーサイト

【留学と私】その77「串焼き(2)」

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


【注意】かなりゲテモノの話になります。
嫌いな方はスルーした方が良いかもしれません。



















さなぎの串焼きを見てもなんとも思わなくなってしまうような「恐ろしい串焼き」・・・

それは「鸡头(ji1 tou2、鶏の頭)」です!!

何の加工もされてない、首チョンパ(古いか)されただけの鶏の頭が、
だんご3兄弟(これも古いか)よろしく3段、串に刺さって丸焼きにされているだけです。
留学して間もなく2年になろうかという2004年春のことで、
ある程度食べ物に慣れてきた頃ではありましたが、これにはさすがにドン引きでした。

まず、かぶりつこうとすると、白目をむいた鶏と目が合ってしまい
ごめんなさい
と心の中で思わずつぶやいてしまうんです(^^;)

で、やっぱり一番気になるのは味で、
「頭蓋骨まで食べちゃうんだろうか」
「脳みそって苦そうなイメージがあるけど、実ははおいしいんだろうか」
などと想像しながら食べたのですが、正直「まずい」です(笑)

頭蓋骨は中途半端に柔らかく、
噛み砕くことはできるものの骨片が口の中のあちこちに刺さり、
脳みそもグニュッとしていて苦く、文字通り「想像通り」の味でした。。

「鶏の頭は、もう金輪際食べまい」
と固く心に誓った2004年の春でした。

まあこんな経験があるので、セミのさなぎ程度なら、
見た目は何の抵抗も無く箸をつけることができてしまう訳です。

王府井のサソリもまずかったんだろうなぁ~

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



【留学と私】その76「串焼き(1)」


★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●たなっくの勉強会参加予定についてはこちらをご確認下さい!
 http://at-eikaiwa.com/


ご存知の方も多いと思いますが、中国では本当に様々なもの、
日本ではいわゆる「ゲテモノ」と言われるものまで普通に食材となります。

その1つに、様々な虫を使った「串焼き」があります。

私が初めて中国で串焼きを目撃したのは2001年のGWのことです。
当時、北京の王府井は「北京の銀座」と呼ばれるほどオシャレな所だったのですが、
その「銀座」の裏通りに入ると屋台街があり、オジサンがそこで小さなサソリを
素手で(!)掴んで1匹ずつプスップスッと串に刺していたのが印象的でした。

当時ビビリだった私は(今でもビビリですが)、それを食べてみる勇気はありませんでした。

ちなみについ先日、中国語仲間と中華を食べに行った時に、
誰が注文したのか蝉蛹(セミのさなぎ)の串焼きが出てきました。
私は初めてだったにも関わらず何の抵抗も無く箸を伸ばし、友人から
「さすが田中」
と褒められた(褒められたのかな?)のですが、それは、留学時代に、
さなぎなどより数倍も恐ろしい串焼きを食べたことがあるからなんです。

果たして、その「恐ろしい串焼き」とは?
そして、その味は?

次回に続きます!!

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
こちら ↓ に、応援のワンクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



<中国のコーラあれこれ>

先日、コーラが冷たくて文句を言う中国人についてご紹介しました。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-578.html

あの時、コーラの画像を検索していたところ、いろいろなコーラが出てきました!

という訳で、「家喻户晓」(誰でも知っている)ものから超マイナーなものまで、
中国で売られているコーラをここでご紹介!

20160715kele1
まずはコカコーラから!
「可口可楽」という漢字表記が、発音はともかく、伝わって来るイメージが素晴らしい!と感心したことを覚えています。

20160715kele2
ペプシコーラは「百事可楽」と表記します。
中国のコーラ市場トップは、実はコカコーラでなくこちらだと聞いたことがあります。

20160715kele3
私が知らないコーラ1「可喜コーラ」

20160715kele4
私が知らないコーラ2「銀梅コーラ」(「梅」の字ですよね・・・?)

20160715kele5
私が知らないコーラ3「OKコーラ」

20160715kele7
私が知らないコーラ4「汾煌コーラ」。
ジャッキー・チェン一押し!(ホンマかいな)

20160715kele6
この「非常コーラ」は、実は初めて中国に行った時にお目にかかり、
その場で「メチャコーラ」と勝手に命名しました(笑)
(英語名は「フューチャーコーラ」というらしいです)


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。



【留学と私】その75「街路樹の謎」

大同の街を車で走っていて気づいたのが「木に塗られているペンキ」です。
(たぶん山西省だけではないと思うんですが、なぜか
 他の旅行先や留学先のフフホトでは意識が行きませんでした)

20160706gairo1

「虫除けのため」
「ガードレール代わりの目印」
などいくつか説があるようですが、私が一番しっくり来た理由が
雇用対策」です(笑)

中国はとにかく人口が多く、学歴至上主義であるにもかかわらず
院卒でも職にありつけないことも珍しい事ではありません。
地方から出稼ぎに来たり、大学を出たものの実家に戻らない人たちは、
出費を抑えるため

蚁族(狭いアパートの一室に大人数で住む人たち)

鼠族(地下室に住む人たち)

などといった、
劣悪な環境のもとで生活せざるを得ないという社会問題が発生しています。

しかし、だからと言って彼らにタダでお金をあげることもできず、思いついた苦肉の策が
「街路樹にペンキを塗る(という労働)」
なんだとか。

一見笑い話にしか聞こえませんが、よくよく考えれば「その可能性は十分あるなー」と思いました。

20160706gairo2

20160706gairo3

ちなみに、写真のように根元付近は白く塗らていますが、
白く塗られた部分の上に、少しだけ赤で塗られたものもあります(写真からはわかりません)。

その理由は、赤が共産党の色であることはご存知だと思いますが、
白は国民党の色なんだそうですね。
つまり、赤が白の上にあるということは・・・

これ以上は申しますまい(笑)

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。



GO TOP