南京農業大学副教授就任のお知らせ

お知らせです。
 
私は今まで、中国語教育活動と、それを通した日中相互理解活動をして参りました。
その功績が認められ、このたび南京農業大学という大学の副教授に就任いたしました。
これもひとえに、個人レッスンを受けて下さっている皆様、勉強会にお越し下さっている皆様、
直接お会いはできなくとも「いいね!」やコメントをつけて下さっている皆様のご支持があってこそです。

本当に、今までありがとうございました。
 
あ!
別に中国に赴任するという訳ではなく、個人レッスン、勉強会開催などは今まで通り行っていきます!
 
これを機に、中国語活動、それに日中相互理解活動にますます尽力して参りますので、
引き続き皆様のご協力を仰ぎたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。



 
スポンサーサイト

「たなっく中国語」受講者の声

私・「たなっく」は中国語勉強会を始めてから約2年半、
個人レッスンは実は留学中から行っていて、約10年の経験があります。
その間、いろいろな方からいろいろな感想をいただけました。

その中で、最近いただいた受講者の方の感想を、一部ではありますがご紹介します。

(1)M.Tさん
田中さんの授業について当時から思っていたのですが、学習者に何を教えたら学習者の為になるかという事が非常にお解りになられているという事です。何で自分の解らない事がわかっているの!?という感じです。まさに目から鱗でした。しかも中国で中国語を勉強している時にも田中さんがおっしゃっていた内容に何度も助けられたと思っています。中国に行ってからの方がむしろその内容の重要性が解ってきました

(2)K.Mさん
今まで自分が認識していた文法が「実は間違っていた」ということが多いのでびっくりします。「日本人ならでは」の、整理されたとてもわかり易い説明が聞けるので深く理解できます。

(3)M.Mさん
「第三声は『Vの字』にならずしっかり抑える」という説明は今まで習ったのと違っていて、しかもこれを採り入れることで、今まで通じなかった発音が通じるようになりました!

(4)Y.Yさん
説明がわかり易くて助かっています。特に、日本語で補語(特に"到"と"住")についての説明が聞けて、前よりもずっと理解できるようになりました。辞書や参考書だと、説明が複雑すぎて理解できません

(5)K.Kさん
「中国語の時制の概念は日本語や英語と全く異なる」との説明が「なるほど!」と分かりやすかったです。いつも、ついつい日本語に置き換えて考えていました。

(6)E.Yさん
・「了」は、今まで何となく使っていましたが、説明を受けて明確になりました
・発音の説明がとても分かりやすかったです。CDを聞いても口の形や舌の状態まで分からないので。
・「就」の意味を台湾人の友達に聞いたら「特に意味はない」と言われましたが、レッスンを受けてニュアンスを理解できました

(7)K.Hさん
「いきなり自然な日本語訳をする前に、まず直訳をする事が大事」という話にハッとさせられました。教科書の日本語訳がいつも自然な日本語訳ばかりなので、「なぜそういう意味になるのか」がわからず応用が全くできません。説明を聞いてよく分かりました。

(8)H.Sさん
"在"と"有"の使い方は、ネイティブの先生だとニュアンスが説明できないので、なんとなく使っていたので、明確な定義が分かって、すっきりした

(9)T.Kさん
とにかく「目からウロコ」の連続のレッスンでした!何もかもが新鮮で、納得できて、頭に入ってくる授業は久しぶりでした!あっという間に時間が過ぎてしまいました。

(10)H.Iさん
文法を詳しく教えていただき勉強になりました。特に"一下、一点儿、一会儿"の使い分け。説明の切り口が、一般の本に書いてないやり方で良かった。



おもしろいように文法がわかる!発音ができる!
そんな「たなっく中国語レッスン」、
中国語がうまくなりたいと思っている方は必見
です!!

●レッスン申し込みを随時受付中!!●
yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

「たなっく中国語」のチラシができました!

「たなっく中国語」の紹介チラシが完成しました!

配布は自由ですので、中国語に興味をお持ちのお友達にどんどん転送してあげてください!!

チラシのダウンロードはこちらをクリック!


●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。


「たなっく中国語」って???

日本人は
「外国語の学習はネイティブから習うのが良い」
とイメージしがちですが、本当にそうでしょうか?

日本人は、日本語は当然ペラペラですが「教える」となると話はまったく別です。

どの言語にしても、専門の教育を受けた人は別として、ネイティブが母国語を教えるのは非常に難しく、それは中国語も例外ではありません

特に、中国語を0から学ぶ方、あるいは学習暦数年未満(留学経験者を除く)の「基礎固め」の段階にある方は、同じ日本人から学ぶのが最適と考えます。
日本人は外国語として中国語を学んでおり、日本人にとって、中国語のどの発音がどう難しいのかを実体験として体得しています
その経験は、同じく日本人として中国語を学ぶ方にとって非常に有用だと思いませんか?

特に私は留学時代、「日本人向けの中国語教育」というテーマで中国語を研究していました。
難しい発音(口の動かし方、舌の位置、日本語にない概念「四声」)、誤りやすい文法の解説など「日本人ならではの困難」の解決を得意としています(一例として【ワンポイント中国語】を参照)。


「たなっく中国語」は「教室」を持っていません。
教室を持つメリットもありますが、「学習者の方にわざわざ来てもらわないといけない」「教室運営費がかかる(それがレッスン料に跳ね返ってしまう)」などのデメリットもあります。
その点、喫茶店でのレッスン形式を採ることで時間と場所を相談の上決めることができ(時間の有効利用が可能)、レッスン料を安く抑える事が可能となります。

また「たなっく中国語」は「個人」または「レベルが近い方どうしによる少人数レッスン」を大切にします。
こうする事で、生徒さんの間のレベルのばらつきから来る不満をなくし、一人一人の特徴に応じた、カスタマイズされたレッスンが可能となるからです。

レッスン内容についても、お1人お1人の学習目的(ビジネス、旅行、試験対策など)に応じて毎回内容を変える事ができます。それが、カリキュラムに縛られる事のない個人レッスンの利点でもあります。

レッスン料は、
マンツーマン:1時間4,000円(2時間8,000円)
少人数(2人) :1時間3,000円(2時間5,000円。どちらもお1人様の料金です)
少人数(3人) :1時間2,000円(2時間4,000円。どちらもお1人様の料金です)

※4人以上のレッスンについてもご相談に応じます。
※上記のほか、交通費・お茶代として500円、または1,000円をいただいております。
 たなっくはJR山手線・地下鉄南北線の駒込駅付近に住んでいます。
 レッスン場所(駒込駅からの所要時間・交通費)によって決定させていただいています。
 但し、駒込駅までお越し下さる方からはいただいておりません。

・同じ日本人として「かゆい所に手の届くレッスン」が可能
・お1人お1人の特徴・要望に合わせた柔軟なレッスン内容
・無駄なコストを省き、時間を有効活用できるレッスン場所

ご希望があればレッスンの見学も可能です。
興味を持たれた方、遠慮なくご連絡くださいませ!

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

自己紹介

「たなっくのブログ」へようこそ!

2002年から2007年まで内モンゴル自治区・フフホトに留学し、
中国語・モンゴル語・モリンホール(馬頭琴)を専攻していました。
現在は、語学の先生と馬頭琴の演奏のお仕事をしています。

今後、主に中国語の勉強方法・勉強会のお知らせ、
馬頭琴およびモンゴル関連のイベント情報などを発信していきます。
よろしくお願いいたします!!

★★★「ユーチューブde中国語」大好評配信中!★★★
YouTubeで「田中英和 中国語」で検索していただく
(または、検索結果はこちらをクリック)と、動画をご覧いただけます。

●南京農業大学副教授の中国語レッスン●
●お申込・お問い合わせはこちらからどうぞ!!●

yeheamtatai★gmail.com(★を「@」に書き換えてください)
またはこちらをクリックしてもメール送信画面を開けます。

GO TOP