FC2ブログ

日本語そっくり!方向補語(1)






●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

方向補語は、その使い方が初級編と上級編にはっきりと分かれ、後者は上級者でもちゃんと使いこなせているという方は多くないのでは、と思えるほどです。

ただタイトルでも書いたように、基本的なところについては日本語と瓜二つで、初級者でもすぐに会話で使えるくらい簡単です。

という訳で、今回は誰でもすぐ使える「方向補語の基礎」のご紹介です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
まずは方向補語の説明からすると、
動作がどの方向に向かって行われるか補足説明する成分
となります。

「上がって来る」
という言い方がありますが、これはまず「上がる」という動作があり、次にその動作の方向が「来る」、つまり話者に接近する、という補足をしている訳です。

そして、「上がる」「来る」をそのまま中国語に訳し「上来」とすれば一丁上がりです!

上がって行く(上去)、下りて来る(下来)などもそのまんまです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次に、ちょっぴり日本語をひねる例です。

まず「駆け込む」という言い方について。

「駆ける」は他の言い方をすれば「走る」つまり中国語では「跑」ですね。
次に「込む」は「入る」という意味で、これに当たる中国語は「进」。

つまり「駆け込む」は「走って入る」となり、中国語訳した単語をそのまま並べて「跑进」とするだけです。

では、運転している時の「進入」はどうでしょうか?
(「侵入」ではありません念のため)

この場合「進入」とは「運転して、ある場所に入ること」で、「運転する」が「开」、「入る」は上で説明した通り「进」で、中国語は「开进」となります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いかがでしょうか?
「基本的な使い方は全然難しくない」
とおわかりいただけたと思います。

次回は、2文字の方向補語の説明です。
こちらも、基本的なところは全然難しくないです!

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

初回限定【送料無料】白だしお試しセット

スポンサーサイト

日本人だからこそ!という誤用(2)







●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html


前回の最後にお話したとおり、今回は
「ついつい目的語を2つ並べてしまう誤用」
の説明です。

※前回の記事はこちらからご覧下さい
 http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-967.html

最も典型的な間違いが「散步公园」でしょう。
日本人なら、こうしてしまう感覚は痛いほどわかります。

が、正解は「去公园散步」「在公园散步」です。

まず「散歩」は、中国語では実は「動詞+目的語」という形で、さらに
「中国語の動詞は、目的語を1つしか置けないものが多い」
という大前提があります。

つまり「散歩」は、すでに動詞の後ろに目的語がある形なので、さらに他の目的語を持ってくることができないんです。

でも「散歩」が「散」と「歩」に分かれるなんて、日本人には絶対に想像できません。

その他に、日本人がよく犯す間違いと正しい言い方についてご紹介します。
※正しい言い方は一例であり、他の言い方があるものもあります。

×见面你(和你见面,见你的面)
×旅游北京 → 去北京旅游
×留学中国 → 去中国留学
×出差香港 → 去香港出差
×生气你 → 生你的气
×结婚她 → 和她结婚

など

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ROUND1スポッチャのバランススクーターはチックスマート


日本人だからこそ!という誤用(1)






●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

中国語は日本語と同じく漢字を使っているため、我々日本人にとっては文の意味を把握しやすいというメリットがあります。

ただ、簡単に意味を把握できてしまうが故に、 逆に単語一つ一つまで詳細に見るという努力を怠りがちになるのは問題であると言えます。
その結果、単語の「真の姿」をどうしても見落としがちになってしまうからです。

表面的な意味をとらえやすいが故に、より注意を払いづらい例:
 ・「你好」はなぜ「こんにちは」なのか(こちらをクリック
 ・「不错」は「悪くない」ではありません(こちらをクリック


「真の姿」に気づきづらく、大きな誤解をされている典型例が「了」「到」です。
それぞれ「過去」「〜まで」と理解している方がほとんどだと思いますが、実際はそのように考えても結果的に正しい場合が多いというだけであり、いずれも正しく理解しているとは言えません。

特に「到」を盲目的に「〜まで」と訳していると、信用問題に関わる大きな問題を起こしかねません(私の知り合いが中国で仕事をしていて、 「到」 の使い方を誤解していたせいでアポをすっぽかしてしまったという実例があります)。

「了」「到」とも、1文字で1時間は軽く話せてしまう、複雑で誤解しやすく、また大切な話なのですが、これほど大げさでなくとも、「日本人だからこそ使い方を間違えている」というパターンは色々あります。

次回は、その中でも
「ついつい目的語を2つ並べてしまう誤用」
についてご紹介します。
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-968.html

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村




色の言い方いろいろ


ズキズキする…そんな時は「ズキガード」


●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

親族を表す言葉が非常に細かく分かれているのが中国語の特徴のひとつです。
その例として、前回記事では「中国語には『いとこ』という言葉はない」というお話をしました(まだご覧になっていない方はこちらをクリック)。

それに対し日本語の特徴の1つとして、色の名前が非常に豊富である事が挙げられます。
ぱっと見、日本人ですらわからない色もたくさんありますよね。

もちろん中国語にも色の表現はありますが、その数は日本語の比ではなく、日本語と一対一で対応させるのは到底できないので、日本語が表す色に近い色の表現を考えなければなりません。

と言ってもそんなに複雑な訳ではなく、「濃い」「薄い」という言い方がわかればほぼ「没问题」です!

「色が濃い」は「深(shen1)」
「色が薄い」は「浅(qian3)」

で、これらを、以下のように色を表す言葉の前に置くだけです。

「藍色」「ネイビー」なら「深蓝色」
「生成り色」なら「浅黄色」

簡単でしょ?


20180917mocha
中国で売られている抹茶味のポッキー(画像クリックで大きくなります!)

ちなみに「抹茶色」は中国語だと「浅緑色」となりそうで、実際それで正しいですが、最近は中国でも抹茶味の食べ物が浸透してきているので、そのまま「抹茶色(mo3 cha2 se4)」と言ってもわかってもらえるかもしれませんね。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

“特許”ゼオライト水素還元サプリ


中国語には「いとこ」という言い方はない!?


妊娠中のパンパンをすっきり[こころからだあんしん葉酸]


●たなっく中国語レッスンの詳細はこちら●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

●次回勉強会のお知らせ●
http://yeheamtatai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

中国語は、親族の呼び名が非常に細かく別れていて、祖父母は父方か母方かによって呼び方が違いますし、義理の兄弟姉妹につてもそれぞれ単語が用意されています。

この現象は「いとこ」にも当てはまります。
つまり中国語には日本語の「いとこ」という言葉に一対一で対応する言葉がないんです。

という訳で、中国語の「いとこ」の考え方のご紹介です!

「いとこ」は中国語では、
・父方か母方か
・自分より年上か年下か&男性か女性か

を基準に二文字で表します。

1つ目の基準について、父方なら「堂(tang2)」母方なら「表(biao3)」を使います。

2つ目について、年上の男性なら「哥」、年上の女性なら「姐」・・・といった具合です。

この2つの基準から、
堂哥、堂弟、堂姐、堂妹
表哥、表弟、表姐、表妹

という8個もの「いとこ」という単語があります!

考え方は決して難しくありませんか、それにしても「いとこ」という1つの単語しかつかわない日本人にとってはちょっと厄介ですね。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。
1日1回、応援のワンクリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

7億当たったらどうしますか?


GO TOP